エコナビを利用する

エコナビは、本機が自らムダを見つけて省エネする機能です。

ecoモードを設定する

設定した電池残量を下回ると、自動でecoモードに切り替わるように設定できます。

1

  • ホーム画面で003P_icon_033(プリインストール)
  • 003P_icon_053(エコナビ)

2

  • ecoモード設定

3

  • 自動切替えの電池残量のスライドバーをドラッグ

4

  • OK

設定が反映されます。

  • 常時OFFに設定すると、ecoモードに切り替わりません。
  • 常時ONに設定すると、電池残量にかかわらず常にecoモードになります。

スリープモード時のタスク管理を設定する

ディスプレイの表示が消えてスリープモードになったときに、起動中のアプリケーションを自動で終了させることができます。また、スリープモード中に電池を多く消費するアプリケーションが検知されたら、通知するように設定できます。

1

  • ホーム画面で003P_icon_033(プリインストール)
  • 003P_icon_053(エコナビ)

2

  • タスク管理

3

  • 自動で終了させたいアプリケーションにチェックを付ける

4

  • 通知機能OnOffに設定
  • OK

設定が反映されます。

+ecoモード中の各種機能の動作を設定する

  • ホーム画面で003P_icon_033(プリインストール)
  • 003P_icon_053(エコナビ)
  • ecoモード設定
  • ecoモード時の設定の各項目を設定
  • OK
  • 「変更しない」に設定すると、ecoモード中も設定メニューの設定に従います。ただし、ecoモード中に設定メニューでこれらの設定を変更しても、ecoモードが解除されるまで変更は反映されません。

!アプリケーションが自動で終了したときは

アプリケーションが自動で終了した場合、編集中のデータは破棄され、データの更新やアラームなどの通知は行われません。また、アプリケーションによっては設定が初期化される場合があります。

商標についてはこちら