1. 取扱説明書
  2. ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW
  3. 無線LANで接続する
  4. Windowsパソコンを接続する

Windowsパソコンを接続する

本機の無線LANセキュリティ設定の暗号化方式が「WPA/WPA2」の場合を例にして説明します。

Windows 8で接続する

本機の電源が入った状態で行ってください。

1

  • パソコンの無線LAN機能をオンにする
  • パソコンの無線LAN機能をオンにする方法は機種ごとに異なります。各パソコンメーカーに確認してください。

2

  • スタート画面の右端からスワイプ(マウスの場合は画面右上をポイント)
  • チャームで102HW_icon_035
  • 102HW_icon_036

3

  • 本機の「SSID」(102HW-XXXXXX)が表示されている項目をクリック
  • 接続

4

  • セキュリティキーを正しく入力
  • 次へ

無線LAN接続されます。

  • 無線LAN接続に成功すると、本体ディスプレイの無線LAN接続数表示のカウントが1つ増えます。
  • PCの共有についての確認メッセージが表示される場合がありますが、ここでは設定しません。PCの共有については、Windowsのヘルプを参照してください。

Windows 7で接続する

本機の電源が入った状態で行ってください。

1

  • パソコンの無線LAN機能をオンにする
  • パソコンの無線LAN機能をオンにする方法は機種ごとに異なります。各パソコンメーカーに確認してください。

2

  • スタート
  • コントロールパネル
  • ネットワークとインターネット
  • ネットワークと共有センター

3

  • ネットワークに接続

4

  • 本機の「SSID」(102HW-XXXXXX)が表示されている項目をクリック
  • 接続

5

  • セキュリティキーを正しく入力
  • OK

無線LAN接続されます。

  • 無線LAN接続に成功すると、本体ディスプレイの無線LAN接続数表示のカウントが1つ増えます。

Windows Vistaで接続する

本機の電源が入った状態で行ってください。

1

  • パソコンの無線LAN機能をオンにする
  • パソコンの無線LAN機能をオンにする方法は機種ごとに異なります。各パソコンメーカーに確認してください。

2

  • スタート
  • コントロールパネル
  • ネットワークとインターネット
  • ネットワークと共有センター

3

  • ネットワークに接続

4

  • 本機の「SSID」(102HW-XXXXXX)が表示されている項目をクリック
  • 接続

5

  • セキュリティキーを正しく入力
  • 接続

無線LAN接続されます。

  • 無線LAN接続に成功すると、本体ディスプレイの無線LAN接続数表示のカウントが1つ増えます。

Windows XPで接続する

本機の電源が入った状態で行ってください。

1

  • パソコンの無線LAN機能をオンにする
  • パソコンの無線LAN機能をオンにする方法は機種ごとに異なります。各パソコンメーカーに確認してください。

2

  • スタート
  • コントロールパネル
  • ネットワークとインターネット接続
  • ネットワーク接続

3

  • ワイヤレス ネットワーク接続

4

  • 本機の「SSID」(102HW-XXXXXX)が表示されている項目をクリック
  • 接続

5

  • セキュリティキーを「ネットワークキー」と「ネットワークキーの確認入力」に正しく入力
  • 接続

無線LAN接続されます。

  • 無線LAN接続に成功すると、本体ディスプレイの無線LAN接続数表示のカウントが1つ増えます。

+SSIDとセキュリティキーの確認操作

無線LANでの接続を行う場合には、ネットワーク名(SSID)とセキュリティキーが必要です。現状の設定を本体ディスプレイに表示して確認することができます。

  • 本機のWPSボタンを続けて2回押す

SSID Aのネットワーク名とセキュリティキーが表示されます。

  • SSID Bを設定している場合は、再度続けて2回押すとSSID Bの情報が表示されます。

!無線LANのセキュリティについてのご注意

無線LANの初期設定について

ネットワーク名(SSID)とセキュリティキーの初期設定は、同梱の無線LAN初期設定シールを参照してください。

 

通信の安全性を高めるためには

お買い上げ時のSSIDとセキュリティキーは変更してお使いになるようお勧めします。
また、暗号化方式はWEPよりもWPA/WPA2に設定することをお勧めします。ただし一部のゲーム機などではこの方式で接続できない場合がありますのでご注意ください。