1. 取扱説明書
  2. ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW
  3. 無線LANで接続する
  4. WPS対応の無線LAN端末を接続する

WPS対応の無線LAN端末を接続する

WPS対応の無線LAN端末を接続する

本機の電源が入った状態で行ってください。

  • WPS機能を実行して無線LAN端末と接続する場合は、「SSID A」に接続されます。
  • WPS機能開始から約2分の間に機器の接続がない場合には、暗号化方式が元の設定に戻ります。
  • 無線LAN対応端末ごとにWPS機能の設定方法が異なります。お使いの無線LAN対応端末に添付されている取扱説明書などを参照してください。

1

  • 無線LAN端末の無線LAN機能をオンにし、必要に応じてWPS設定の準備操作を行う

2

  • 本機のWPSボタンを約3秒押す

WPSセットアップ画面が表示されます。

3

  • 本機の電源ボタンを押す

無線LAN端末とのWPS接続を開始します。

4

  • 無線LAN端末でWPS機能の接続操作を行う

WPS機能での接続が完了します。

  • 無線LAN接続に成功すると、本体ディスプレイの無線LAN接続数表示のカウントが1つ増えます。

+SSIDとセキュリティキーの確認操作

無線LANでの接続を行う場合には、ネットワーク名(SSID)とセキュリティキーが必要です。現状の設定を本体ディスプレイに表示して確認することができます。

  • 本機のWPSボタンを続けて2回押す

SSID Aのネットワーク名とセキュリティキーが表示されます。

!無線LANのセキュリティおよびWPS機能利用上のご注意

SSIDステルスについて

SSID AのSSIDステルスが有効の場合は、WPS機能による接続は行えません。102HW設定ツールでSSIDステルスの設定を変更してください。

 

暗号化方式の変更について

SSID Aの暗号化方式がWEPの場合でも、WPS機能が開始されると、暗号化方式がWPAに変更されます。WPS接続を行う以前に、SSID AがWEPまたは暗号化なしの状態で接続していた無線LAN端末は暗号化方式をWPAに変更する必要があります。

 

暗号化方式が「暗号化なし」の場合

SSID Aの暗号化方式が暗号化なしの場合は、WPA機能を開始できません。暗号化方式を暗号化なし以外に変更してからご利用ください。

 

セキュリティについてのご注意

通信の安全性を高めるために、暗号化方式はWEPよりもWPA/WPA2に設定することをお勧めします。ただし、一部のゲーム機などではこの方式で接続できない場合がありますのでご注意ください。