1. 取扱説明書
  2. AQUOS PHONE SoftBank 102SH
  3. Android4.0の新機能
  4. アプリケーションを利用する

アプリケーションを利用する

メジャーアップデートに伴い、アプリケーションの操作が変更になるものもあります。

ここでは、いくつかのアプリケーションのおもな変更点を説明します。

使い方ガイドの変更について

トップページの構成が変更になり、検索が行えるようになりました。

項目 説明
icn_decimal_01検索 使い方ガイド内の項目を検索できます。
icn_decimal_02取扱説明書で操作を知る 本機の操作方法を目的別に確認できます。確認したい操作を音声検索することもできます。
icn_decimal_03よくある質問を確認する よくある質問を確認できます。FAQ モバイルサイトへも簡単にアクセスできます。
icn_decimal_04用語集で分からない言葉を知る 本機を操作するうえで知っておきたい用語を確認できます。

文字入力時のキーボードの配置やキーの役割変更について

キーボードの配置やキーの役割が変更になります。

 
  1. 文字を入力
  2. 1つ前の操作を取り消す(文字入力中は、文字を逆順に表示)
  3. カーソルを左に移動
  4. 絵文字/マイ絵文字/記号/顔文字を入力(文字入力中は、カタカナ/英数字変換)
  5. 文字種(文字入力モード)を切り替え
  6. スペース入力(文字入力中は、大文字⇔小文字変換/゛゜入力)
  7. 現在の文字入力モード
  8. 文字を削除
  9. カーソルを右に移動(文末では、スペース入力)
  10. 文字入力に関する設定項目を表示(文字入力中は、文字変換)
  11. 改行(文字入力中は、文字確定)
 

 
  1. 文字を入力
  2. 大文字⇔小文字を切り替え
  3. 文字種(文字入力モード)を切り替え
  4. 絵文字/マイ絵文字/記号/顔文字を入力
  5. 文字入力に関する設定項目を表示
  6. スペース入力(文字入力中は、文字変換)
  7. 現在の文字入力モード
  8. 文字を削除
  9. 改行(文字入力中は、文字確定)
  10. カーソルを右に移動(文末では、スペース入力)
  11. カーソルを左に移動
 

キーボード種類の切り替え方法の変更について

キーボードを上下左右に端から端までドラッグすると、キーボードの種類が切り替えられるようになります。

その他のアプリケーションの変更について

アプリケーション 変更箇所
初期設定 設定できる項目が変わります。
電話 本機を裏返すと着信音が止まる「クイックサイレント」に対応します。
また、電話に出られないときに相手にSMSを送信する「クイック返信」も利用できます。
カメラ 撮影間隔を最小に抑える「連撮モード」に対応します。
また、ピンチイン/ピンチアウトでのズームも可能になります。
ビデオカメラ コマ落としにより、被写体の動きを実際よりも速く見せることができる「微速度撮影」に対応します。
また、いろいろな特殊効果を施した、動画も撮影できます。
ピクチャー(3D) 顔認識を利用した、人物の自動振り分けに対応します。