1. 取扱説明書
  2. AQUOS PHONE SoftBank 102SH
  3. Wi-Fi/接続
  4. IC通信でデータをやりとりする

IC通信でデータをやりとりする

IC通信を利用して、IC通信対応の携帯電話など他の機器とデータ(電話帳、メモ帳、ブックマーク、メール、プロフィール、静止画、動画、音楽など)をやりとりできます。

データを1件ずつ送信する(例:電話帳)

受信側、送信側の機器を近づけ、双方の102sh_icon_900マークが向き合うようにして操作してください。

1

  • ホーム画面で102sh_icon_003
  • ランチャー画面(基本機能)で102sh_icon_043(電話帳)

電話帳画面が表示されます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。

2

  • 読みの行をタップ
  • 送信する電話帳をタップ

電話帳詳細画面が表示されます。

3

  • MENU
  • 送信
  • IC送信
  • はい(顔写真登録時ははいいいえ
  • OK

4

  • 相手機器でデータ受信の操作を実行

データが送信されます。

データを1件ずつ受信する(例:電話帳)

受信側、送信側の機器を近づけ、双方の102sh_icon_900マークが向き合うようにして操作してください。

1

  • 相手機器でデータ送信の操作を実行

2

  • OK

データが受信されます。

3

  • ステータスバーをタップ
  • 通知パネルでIC通信通知をタップ

4

  • 受信したデータをタップ
  • データ登録
  • はい

データが登録されます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。

+ICカード通信利用時の操作

機能ごとのデータを一括して送信する(例:電話帳)

  • 電話帳画面でMENU
  • 送信
  • IC送信
  • 全件送信
  • はい(顔写真登録時ははいいいえ
  • 操作用暗証番号を入力
  • OK
  • アカウントをタップ
  • 認証コードを入力
  • OK
  • OK
  • 認証コードは、正しい通信相手かどうかをお互いに確認するための暗証番号です。送信側/受信側で同じ数字(4桁)を入力します(特に決まった数字はなく、その通信限りのものです)。
 

機能ごとのデータを一括して受信する(例:電話帳)

  • 相手機器でデータ一括送信の操作を実行
  • 認証コードを入力
  • OK
  • OK
  • 受信完了後、ホーム画面でステータスバーをタップ
  • IC通信通知をタップ
  • 読み込むデータをタップ
  • データ登録
  • 操作用暗証番号を入力
  • OK
  • 登録方法をタップ
  • 認証コードは、正しい通信相手かどうかをお互いに確認するための暗証番号です。送信側/受信側で同じ数字(4桁)を入力します(特に決まった数字はなく、その通信限りのものです)。
  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。
  • 受信したデータはSDカードに保存されており、コンテンツマネージャーからも読み込むことができます。操作について詳しくは、「各種データを管理する」の「データの読み込みについて」を参照してください。
 

データを選択して送信する(例:電話帳)

  • ホーム画面で102sh_icon_003
  • ランチャー画面(基本機能)で102sh_icon_043(電話帳)
  • MENU
  • 送信
  • IC送信
  • 選択送信
  • 電話帳をタップ(102sh_icon_001表示)
  • 送信
  • はい(顔写真登録時ははいいいえ
  • OK