基本的な操作のしくみ

ホーム画面

アプリケーションのショートカットや、ウィジェット、よく使う連絡先や画像などを配置した、操作の中心となる画面です。最大10シートまで利用可能で、目的に合わせてカスタマイズして、使い分けることができます。

ランチャー画面

本機に搭載されているアプリケーションを、グループごとに一覧できる画面です。ランチャー画面は、グループを選択する「ランチャーアプリトップメニュー画面」(以降「アプリトップメニュー」と表記)と、アプリケーションを起動する「ランチャーアプリ一覧画面」(以降「アプリ一覧画面」と表記)で構成されています。

項目選択/決定と画面移動

項目やアイコン、画面のキーなどをタップする(選択/決定する)と、該当する操作の画面に移動します。

  • 1つ前の画面に戻るときは、backを押します。

メニュー操作

MENUを押すと、その画面で利用できる機能の設定や項目が画面に表示されます。

  • 画面をロングタッチすると、利用できる設定や項目が表示される画面もあります。

端末設定と設定操作

ホーム画面でMENUを押したあと、端末設定をタップすると、本機の各機能のはたらきをカスタマイズできます。

  • 設定項目には、右端にチェックボックス(103sh_icon_001103sh_icon_002)が付いたものがあります。これらは、タップするたびに設定(103sh_icon_001)/解除(103sh_icon_002)が切り替わります。

縦画面と横画面

機能や状態によっては、本機の向きに合わせて、縦画面/横画面が自動的に切り替わります。

iスクリーンショットを撮影する

SDカードを取り付けた状態でpowerhomeを同時に押すと、表示されている画面のスクリーンショットを撮影できます。

  • 撮影したスクリーンショットは、コンテンツマネージャーの「Photo」などから確認することができます。

商標についてはこちら