1. 取扱説明書
  2. AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH
  3. 基礎知識/基本操作
  4. 電話帳などのデータを見られないようにする

電話帳などのデータを見られないようにする

電話帳やメールのデータをシークレットに設定し、操作用暗証番号を入力しないと確認できないようにできます。

電話帳をシークレットに設定する

シークレットに設定した電話帳は、電話帳画面や宛先選択画面などで表示されなくなります。

  • 着信中は、電話番号が表示されます。

1

  • アプリケーションシートで205sh_icon_0013(設定)
  • その他の設定
  • ロックとセキュリティ

2

  • シークレット設定

3

  • 操作用暗証番号を入力
  • OK

シークレット設定画面が表示されます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

4

  • 連絡先シークレット設定

連絡先シークレット設定画面が表示されます。

5

  • シークレットに設定する相手をタップ(205sh_icon_0603表示)
  • sbm_icon_num_05をくり返し、シークレットに設定するすべての相手を選択します。

6

  • 確定

電話帳のシークレット設定が完了します。

  • このあと、画面ロック状態になると、シークレットモードが設定されます。

メールフォルダをシークレットに設定する

シークレットに設定したメールフォルダ(シークレットフォルダ)は、フォルダ一覧画面で表示されなくなります。

  • シークレットに設定できるのは、あらかじめ登録されている「フォルダ1」、「フォルダ2」、「迷惑メール」と、自分で作成したフォルダです。
  • シークレットフォルダに振り分けられるメールの着信を、通知しないように設定することもできます。

1

  • アプリケーションシートで205sh_icon_0013(設定)
  • その他の設定
  • ロックとセキュリティ

2

  • シークレット設定

3

  • 操作用暗証番号を入力
  • OK

シークレット設定画面が表示されます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

4

  • メールシークレット設定

5

  • メールアプリへ

メールシークレット設定のフォルダ一覧画面が表示されます。

6

  • シークレットに設定するフォルダをロングタッチ
  • フォルダシークレット登録

7

  • OK
  • いいえはい

メールフォルダのシークレット設定が完了します。

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。
  • このあと、画面ロック状態になると、シークレットモードが設定されます。

シークレットモードを一時解除する

シークレットモードを一時的に解除し、電話帳やメールを確認したり、利用したりできるようにします。

  • 電話帳やメールのシークレット設定も、シークレットモード一時解除中に行えます。

1

  • ステータスバーを下にドラッグ

通知パネルが表示されます。

2

  • 205sh_icon_3601をロングタッチ

操作用暗証番号入力画面が表示されます。

3

  • 操作用暗証番号を入力
  • OK

シークレットモードが一時解除されます。

+シークレット設定利用時の操作

メールの送受信履歴を表示するかどうかを設定する

  • メールシークレット設定のフォルダ一覧画面で新規作成
  • 205sh_icon_0701
  • 送受信履歴引用
  • MENU
  • 送受信履歴表示設定
  • シークレット解除中のみ表示
 

シークレット設定を一時解除するときの操作用暗証番号を設定する

  • シークレット設定画面で操作用暗証番号設定
  • OK
  • 現在の操作用暗証番号を入力
  • OK
  • OK
  • 新しい操作用暗証番号を入力
  • OK
  • 新しい操作用暗証番号を再度入力
  • OK
  • OK
  • ここでの設定は、ロックとセキュリティ画面の操作用暗証番号設定に反映されます。
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。
 

シークレット設定の使い方ガイドを確認する

  • シークレット設定画面で
  • 使い方ガイド
  • シークレットモード一時解除の仕方連絡先のシークレット機能メールのシークレット機能
  • 各項目をタップすると、方法の詳細が表示されます。