1. 取扱説明書
  2. ARROWS A SoftBank 301F
  3. 基礎知識/基本操作
  4. 文字を入力する

文字を入力する

キーボードについて

文字を入力するときは、ディスプレイに表示されるソフトウェアキーボードを使用します。

ソフトウェアキーボードには1つのキーに複数の文字が割り当てられている「テンキーキーボード」と、1つのキーに1つの文字が割り当てられている「QWERTYキーボード」があります。また、手書きで文字を入力できる「手書きキーボード」も利用できます。

  • キーボードを非表示にするには、301F_icon_320(戻るボタン)をタップします。
  • このオンラインマニュアルは、「NX!input」で文字を入力する場合の操作を例に説明しています。

キーボードを切り替える

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • テンキーQWERTYキー手書き上書き手書き

キーボードが切り替わります。

  • 手書きキーボードを表示しているときは全画面手書きを選択できます。

テンキーキーボード画面の見かた

  • アプリケーションによっては、キーの配置などが異なる場合があります。
  • お買い上げ時は、上書き手書きがON(301F_icon_057表示)になっているため、キーボード上に青色の枠が表示されています。ただし、このオンラインマニュアルでは、テンキーキーボードが表示される操作画面のときは、上書き手書きをOFF(301F_icon_056表示)にした画面で説明しています。

 
  1. 現在の文字入力モードが表示されます。
  2. 上書き手書きのON(301F_icon_057表示)/OFF(301F_icon_056表示)を切り替えます。ONのときは、キーボード上に青色の枠が表示されて、手書き入力も可能になります。
  3. キーボードの高さや幅を調節する「サイズ調節バー」です。
  4. キーボード種類の切り替えなどの各種メニューを表示します。ロングタッチすると音声入力を開始します。文字入力中で文字変換前の場合は、301F_icon_071をタップするたびに文字入力キーに割り当てられている1つ前の文字に戻ります。
  5. カーソルを左右に移動します。
  6. 記号リストを表示します。
  7. 文字種(文字入力モード)を切り替えます(ひらがな/英字/数字)。
  8. 顔文字リストや絵文字リスト(利用できる場合のみ)を表示します。文字変換中は、拗音/促音/濁音/半濁音を入力します。
  9. キーボードを非表示にします。301F_icon_034をタップしてメニュー表示中は、前の画面に戻ります。文字入力中は変換前や変換中の文字を削除します。
  10. ロングタッチでサイズ調節バーのメニューを表示します。
  11. カーソルの左の文字を削除します。ロングタッチで、カーソルの左の文字を連続して削除します。上にフリックして301F_icon_426の上で指を離すと、カーソルの右の文字を削除します。
  12. 文字変換前の場合は文字を変換します。また、文字入力前の場合はスペースを入力します。
  13. 文字入力前の場合は改行の入力、次の入力エリアへの移動、機能の実行をします。また、文字変換前/変換中の場合は入力中の文字を確定します。キーに「...」が表示されているときは、301F_icon_079をロングタッチし、301F_icon_246にスライドして指を離すと、変換中の状態に戻ります。
  14. キーに割り当てられている文字を入力します。
 

QWERTYキーボード画面の見かた

  • アプリケーションによっては、キーの配置などが異なる場合があります。

 
  1. 現在の文字入力モードが表示されます。
  2. 上書き手書きのON(301F_icon_057表示)/OFF(301F_icon_056表示)を切り替えます。ONのときは、キーボード上に青色の枠が表示されて、手書き入力も可能になります。
  3. キーボードの高さや幅を調節する「サイズ調節バー」です。
  4. キーに割り当てられている文字を入力します。
  5. 大文字/小文字を切り替えます。小文字のときにタップ(2回)するとキーの左上が点灯し、大文字(ロック)にできます。
  6. 文字種(文字入力モード)を切り替えます(ひらがな/英字/数字)。
  7. キーボード種類の切り替えなどの各種メニューを表示します。ロングタッチすると音声入力を開始します。
  8. キーボードを非表示にします。301F_icon_034をタップしてメニュー表示中は、前の画面に戻ります。文字入力中は変換前や変換中の文字を削除します。
  9. 文字変換前の場合は文字を変換します。また、文字入力前の場合はスペースを入力します。
  10. 顔文字リストや絵文字リスト(利用できる場合のみ)を表示します。ロングタッチでサイズ調節バーのメニューを表示します。
  11. カーソルの左の文字を削除します。ロングタッチで、カーソルの左の文字を連続して削除します。上にフリックして301F_icon_426の上で指を離すと、カーソルの右の文字を削除します。
  12. 文字入力前の場合は改行の入力、次の入力エリアへの移動、機能の実行をします。また、文字変換前/変換中の場合は入力中の文字を確定します。キーに「...」が表示されているときは、301F_icon_079をロングタッチし、301F_icon_246にスライドして指を離すと、変換中の状態に戻ります。
  13. カーソルを左右に移動します。
 

手書きキーボード画面の見かた

  • アプリケーションによっては、キーの配置などが異なる場合があります。

 
  1. 現在の文字入力モードが表示されます。
  2. キーボードの高さを調節する「サイズ調節バー」です。
  3. 文字入力領域に手書きで文字を入力します。
  4. キーボード種類の切り替えなどの各種メニューを表示します。ロングタッチすると音声入力を開始します。
  5. キーボードを非表示にします。301F_icon_034をタップしてメニュー表示中は、前の画面に戻ります。文字入力中は変換前や変換中の文字を削除します。
  6. 顔文字リストや絵文字リスト(利用できる場合のみ)を表示します。ロングタッチでサイズ調節バーのメニューを表示します。
  7. 文字入力前の場合は改行の入力、次の入力エリアへの移動、機能の実行をします。また、文字変換前/変換中の場合は入力中の文字を確定します。キーに「...」が表示されているときは、301F_icon_079をロングタッチし、301F_icon_246にスライドして指を離すと、変換中の状態に戻ります。
  8. カーソルの左の文字を削除します。ロングタッチで、カーソルの左の文字を連続して削除します。上にフリックして301F_icon_426の上で指を離すと、カーソルの右の文字を削除します。
  9. 文字変換前の場合は文字を変換します。また、文字入力前の場合はスペースを入力します。
  10. カーソルを左右に移動します。
 

MENUボタンから利用できるメニューについて

各キーボードの301F_icon_034をタップして、メニューから利用できる機能は次のとおりです。

  • キーボードの種類や入力モードによって、利用できるメニューが異なります。

メニュー 説明
icn_decimal_01テンキー/QWERTYキー/手書き/上書き手書き/全画面手書き 各キーボードに切り替えます。
利用中のキーボードによって、表示されるメニューが異なります。
icn_decimal_02定型文 定型文一覧を表示して入力します。
icn_decimal_03ATOKダイレクト 電話帳/ATOKダイレクト、パスワードマネージャーを利用して入力します。
icn_decimal_04設定 NX!inputとATOKの設定をします。
icn_decimal_05記号 記号一覧を表示して入力します。
icn_decimal_06顔文字 顔文字一覧を表示して入力します。絵文字が入力できる場合は、絵文字一覧も表示されます。
icn_decimal_07テーマ切り替え キーボードのデザイン(テーマ)を切り替えることができます。

文字種(文字入力モード)を切り替える

入力する文字種(文字入力モード)を「ひらがな」「英字」「数字」のいずれかに切り替えます。

  • 文字種を切り替えると301F_icon_059で青色で表示されます。また、ステータスバーに表示されるアイコンが変化します。

1

  • 文字入力画面で301F_icon_059

文字入力モードが切り替わります。

ひらがなを入力する(テンキーキーボード)

テンキーキーボードのケータイ入力で「けいたい」と入力する方法を例に説明します。

  • ケータイ入力を利用するには、文字入力画面で301F_icon_034→設定→テンキーの設定→入力方式→ケータイ入力→OKをタップします。
  • お買い上げ時は、入力方式が「フリック入力」に設定されています。

1

  • 文字入力モードがひらがな入力モードになっていることを確認

2

  • 301F_icon_060(4回)
  • 301F_icon_061(2回)
  • 301F_icon_062(1回)
  • 301F_icon_061(2回)
  • 301F_icon_063

文字が入力されます。

  • 301F_icon_070をタップしても候補を選択できます。

ひらがなを入力する(QWERTYキーボード)

QWERTYキーボードで「けいたい」と入力する方法を例に説明します。

1

  • 文字入力モードがひらがな入力モードになっていることを確認

2

  • 301F_icon_064
  • 301F_icon_065
  • 301F_icon_066
  • 301F_icon_067
  • 301F_icon_068
  • 301F_icon_066
  • 301F_icon_069

文字が入力されます。

漢字を入力する

テンキーキーボードのケータイ入力で、「携帯」と入力する方法を例に説明します。

1

  • 文字入力モードがひらがな入力モードになっていることを確認

2

  • 301F_icon_060(4回)
  • 301F_icon_061(2回)
  • 301F_icon_062(1回)
  • 301F_icon_061(2回)

変換候補が表示されます。

  • 変換候補エリアに表示しきれない変換候補は301F_icon_215301F_icon_216をタップして、表示/非表示を切り替えることができます。また、301F_icon_217301F_icon_218をタップして、カナ/英数字の変換候補と通常の変換候補に切り替えることもできます。
  • アプリケーションによっては、変換候補が表示されない場合があります。

3

  • 変換候補で携帯

文字が入力されます。

カタカナを入力する

テンキーキーボードのケータイ入力で、「ケイタイ」と入力する方法を例に説明します。

1

  • 文字入力モードがひらがな入力モードになっていることを確認

2

  • 301F_icon_060(4回)
  • 301F_icon_061(2回)
  • 301F_icon_062(1回)
  • 301F_icon_061(2回)
  • 301F_icon_070
  • 301F_icon_106
  • ケイタイ

文字が入力されます。

  • ひらがなを入力して301F_icon_217をタップし、ケイタイをタップしてもカタカナを入力できます。

英字を入力する

テンキーキーボードのケータイ入力で、「keitai」と入力する方法を例に説明します。

1

  • 文字入力モードが英字入力モードになっていることを確認

2

  • 301F_icon_072(2回)
  • 301F_icon_073(2回)
  • 301F_icon_074(3回)
  • 301F_icon_075(1回)
  • 301F_icon_076(1回)
  • 301F_icon_074(3回)
  • 301F_icon_063

文字が入力されます。

定型文/記号/顔文字を入力する

1

  • 301F_icon_034
  • 定型文記号顔文字

一覧画面が表示されます。

2

  • 一覧から定型文/記号/顔文字/絵文字を選択

定型文一覧では301F_icon_108をタップして、カテゴリーを選択してから、定型文を選択してください。

  • 絵文字が入力できる場合は、顔文字一覧に「共通絵文字」/「全絵文字」タブが表示されますので、タブを切り替えてから、絵文字を選択してください。

フリック入力について

キーを上下左右(QWERTYキーボードでは上下)にフリックすることで、キーを繰り返しタップすることなく、入力したい文字を入力できます。キーに触れると、フリック入力で入力できる文字の候補が表示されます。入力したい文字が表示されている方向にフリックすると、文字が入力されます。

テンキーキーボードで「か」行を入力する方法を例に説明します。

  • お買い上げ時はフリック入力に設定されていますが、「テンキーの設定」「QWERTYキーボードの設定」でフリック入力を利用しないように設定することもできます。

1

  • 301F_icon_060を上下左右にフリック

フリックした方向の文字が入力されます。

  • 「か」(中心の文字)を入力するときは、301F_icon_060を1回タップしてください。
  • 301F_icon_335で拗音/促音/濁音/半濁音を入力します。

ジェスチャー入力について

テンキーキーボードで入力するとき、キーをフリックして入力できます。また、スライドして指を離すことで濁音/半濁音/拗音などを入力できます。

「ぽ」を入力する方法を例に説明します。

  • ジェスチャー入力を利用するには、文字入力画面で301F_icon_034→設定→テンキーの設定→入力方式→ジェスチャー入力→OKをタップします。

1

  • 301F_icon_087をロングタッチ

ジェスチャーガイドが表示されます。また、文字入力欄に「は」が表示されます。

2

  • ロングタッチしたままジェスチャーガイドの「゛」までスライド

文字入力欄に「ば」が表示されます。

3

  • ロングタッチしたままジェスチャーガイドの「ぱ」までスライド

文字入力欄に「ぱ」が表示されます。

4

  • ロングタッチしたままジェスチャーガイドの「゜」までスライド

5

  • ロングタッチしたままジェスチャーガイドの「ぽ」までスライドして指を離す

文字が入力されます。

2タッチ入力について

テンキーキーボードで入力するとき、1回目のタッチでそのキーに割り当てられている文字の一覧を表示して、2回目のタッチで目的の文字を選択して入力できます。

「ぽ」を入力する方法を例に説明します。

  • 2タッチ入力を利用するには、文字入力画面で301F_icon_034→設定→テンキーの設定→入力方式→2タッチ入力→OKをタップします。

1

  • 301F_icon_109

301F_icon_109に割り当てられている文字の一覧が表示されます。

2

  • 301F_icon_110

3

  • 301F_icon_335(2回)

文字入力欄に「ぽ」が表示されます。

  • 2タッチ入力でも、拗音/促音/濁音/半濁音はケータイ入力と同様の操作で入力します。

手書き入力について

手書きで文字を入力することができます。

  • テンキーキーボードやQWERTYキーボード利用中に、サイズ調節バーの301F_icon_056をタップ、または301F_icon_034→上書き手書きをタップして、上書き手書き入力に切り替えると、キーボードの上から手書き入力することができます。
  • 手書きキーボード利用中に、301F_icon_034→全画面手書きをタップすると、全画面で手書き入力することができます。

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • 手書き

手書きキーボード画面が表示されます。

2

  • 文字入力領域に文字を手書きする

手書きの文字を認識し、文字の候補が表示されます。

3

  • 入力する文字をタップ

文字が入力されます。

音声入力について

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034をロングタッチ

音声入力画面が表示されます。

2

  • 送話口/マイクに向かって入力内容を話す

音声を認識し、入力する文字の候補が表示されます。

3

  • 入力する文字をタップ

文字が入力されます。

文字を切り取り/コピーして貼り付ける

「メモ帳」アプリケーションでテンキーキーボードを使用しているときを例に説明します。

  • アプリケーションによっては、操作が異なる場合があります。

1

  • 文字入力画面で入力済みの文字をロングタッチ

文字列が選択され、青色でハイライト表示されます。

2

  • 301F_icon_082301F_icon_083をドラッグして切り取り/コピーする範囲を選択

選択した文字列が青色でハイライト表示されます。

3

  • 切り取りコピー

4

  • 文字入力欄をロングタッチ
  • 貼り付け

切り取り/コピーした文字列が貼り付けられます。

文字入力の設定を行う

文字入力時に使用するキーボードは「英語(米国) Googleキーボード」「NX!input」「NX!input 中国語(簡体字)」「NX!input 韓国語」から選択します。お買い上げ時は「NX!input」に設定されています。「NX!input」のおもな設定項目は次のとおりです。

項目 説明
操作音・バイブ キー操作音、キー操作バイブについて設定します。
テンキーの設定 入力方式(フリック入力、ケータイ入力、ジェスチャー入力、2タッチ入力)、文字削除キーなどについて設定します。
QWERTYキーボードの設定 1文字ごとの確定入力、数字キーの表示について設定します。「数字キー表示」を有効(301F_icon_116表示)にすると、数字のみのキーが表示されるようになり、フリック操作が無効になります。
手書き入力の設定 上書き手書き入力、枠数、確定速度、線の太さや色などについて設定します。
共通の設定 文字種ごとに使用するキーボード、推測変換、学習機能、自動スペース入力、文字削除フリック、マルチタッチ(シフトキーや文字キーの同時押し)など、共通の項目について設定します。
候補一覧設定 変換候補を表示する際の、文字サイズ、表示行数、候補表示タイミングについて設定します。
デザイン キーボードのデザインの切り替えやカスタマイズ、アニメーションの有効/無効、キーボードのサイズ調節バーの表示について設定します。
ユーティリティ ユーザー辞書や定型文の編集、パソコン版ATOKで登録した単語の共有について設定します。
初期化 NX!inputの設定や学習データの初期化をします。

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • 設定

  • ホーム画面でMENU→本体設定→言語と入力→「NX!input」の301F_icon_088をタップしても操作できます。

2

  • 設定分類をタップ
  • 設定項目をタップ
  • 画面の指示に従って操作

NX!inputの動作が設定されます。

  • 設定項目をタップすると、設定が完了するものもあります。

ATOKでよく利用する単語を登録する

よく使う単語をあらかじめATOK用のユーザー辞書に登録しておくと、ATOKでその読みを入力したときに変換候補に表示されます。

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • 設定

2

  • ユーティリティ

3

  • 辞書ユーティリティ

単語一覧画面が表示されます。

4

  • MENU
  • 新規登録

  • 単語一覧画面でMENU→全削除→はいをタップすると単語を全件削除することができます。
  • 単語は内蔵ストレージまたはSDカードを利用してバックアップ/復元することができます。単語一覧画面でMENU→一覧出力一括登録をタップし、画面の指示に従って操作します。SDカードを利用する場合は、フォルダの選択時に「/mnt/external_sd」を選択します。

5

  • 単語入力欄をタップ
  • 単語を入力
  • 読み入力欄をタップ
  • 読みを入力
  • 品詞欄をタップ
  • 品詞を選択
  • 301F_icon_431
  • 登録

単語が登録されます。

  • 変換の精度をよくするために、「品詞」に適切な品詞を設定してください。

定型文を登録する

1

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • 設定

2

  • ユーティリティ

3

  • 定型文ユーティリティ

定型文一覧画面が表示されます。

4

  • MENU
  • 新規作成

  • 定型文をタップすると、登録されている定型文を編集することができます。
  • 定型文をロングタッチすると、タイトル変更、削除、カテゴリー移動、カテゴリー内での位置の移動ができます。
  • 定型文一覧画面でMENU→初期化→はいをタップすると定型文データをお買い上げ時の状態に戻すことができます。
  • 定型文一覧画面でMENU→カテゴリーをタップすると定型文のカテゴリーの編集や新規作成ができます。

5

  • 定型文を入力
  • カテゴリー欄をタップ
  • カテゴリーを選択
  • 登録

定型文が登録されます。

+サイズ調節バー利用時の操作

キーボードの高さを調節する

  • 301F_icon_223を上下にドラッグ
 

キーボードの幅を調節する

  • 301F_icon_229301F_icon_230を左右にドラッグ
 

サイズ調節バーのメニューを表示する

  • 文字入力画面でサイズ調節バーの301F_icon_222301F_icon_432をロングタッチ
 

サイズ調節バーを非表示にする

  • 文字入力画面でサイズ調節バーの301F_icon_222301F_icon_432をロングタッチ
  • バーを隠す
 

サイズ調節バーを再表示する

  • 文字入力画面で301F_icon_034
  • 設定
  • デザイン
  • キーボードのサイズ調整301F_icon_116表示)