1. 取扱説明書
  2. ARROWS A SoftBank 301F
  3. 基礎知識/基本操作
  4. 画面ロックについて

画面ロックについて

画面ロックをかけると、タッチパネルの操作をするためにロック解除の操作が必要になり、誤動作を防ぐことができます。また、画面が消灯してスリープモードになるため、電池の消耗を抑えることもできます。

画面ロックをかける

画面表示中はキー操作で簡単に画面ロックをかけることができます。

  • 一定時間何も操作しないで自動的にスリープモードになった場合も、画面ロックがかかります。スリープの設定については、「ディスプレイの設定」を参照してください。

1

  • 画面表示中にpowerまたは指紋センサーを押す

スリープモードになり、画面ロックがかかります。

  • お買い上げ時は、「セキュリティ解除方法」が「スワイプ」に設定されています。「なし」に設定されているときは、画面ロックはかかりません。
  • 「セキュリティ解除方法」を「なし」「スワイプ」以外に設定したときは、「電源ボタンですぐにロックする」を無効にしてpowerまたは指紋センサーを押してもロックがかからないように設定できます。この場合、「自動ロック」の設定によってロックがかかります。

画面ロックを解除する

1

  • スリープモード中にpowerまたは指紋センサーを押す

ロック画面が表示されます。

2

  • 301F_icon_126を任意の方向にスライド(スワイプ)

画面ロックが解除されます。

  • 「セキュリティ解除方法」の設定によっては、認証操作が必要です。
    また、認証画面で緊急通報をタップするとダイヤルパッドが表示され、緊急通報をすることができます。

指紋センサーで解除する

指紋センサーを押してスリープモードを解除し、次に指紋センサーに指をスライドさせて画面ロックを解除します。

1

  • スリープモード中にpowerまたは指紋センサーを押す

ロック画面が表示されます。

2

  • 指紋センサーに指をスライドさせる

画面ロックが解除されます。

  • 指紋センサーを押したあとに、一度指を離してからスライドさせてください。
  • 「セキュリティ解除方法」の設定によっては、認証操作が必要です。

ロック画面用のウィジェットを追加する

ロック画面に時計や予定表などのウィジェットを追加して、利用することができます。

  • ロック画面のメインに表示されているウィジェットを含めて、最大5つ登録できます。

1

  • ロック画面の左端で右にフリック

  • すでにウィジェットが追加されている場合は、301F_icon_211が表示されるまで、右にフリックしてください。

2

  • ウィジェットを追加

3

  • ウィジェットを選択

ロック画面にウィジェットが追加されます。

+ロック画面利用時の操作について

ウィジェットを利用する

  • ロック画面の左端で右にフリック
  • 左右にフリックして利用するウィジェット画面を表示
  • ウィジェットによって、タップすると動作するものもあります。
 

ウィジェットを並べ替える

  • ロック画面の左端で右にフリック
  • 左右にフリックして移動するウィジェット画面を表示
  • 画面をロングタッチしたまま、移動したい位置までドラッグ
  • ロック画面のメインには、右端にあるウィジェットが表示されます。
 

ウィジェットを削除する

  • ロック画面の左端で右にフリック
  • 左右にフリックして削除するウィジェット画面を表示
  • 画面をロングタッチ
  • 指を離さずに「削除」までドラッグ
 

カメラを起動する

  • ロック画面の右端で左にフリック
  • ロック画面からカメラを起動しないように設定するには、セキュリティの設定の「左にスライドでカメラ起動」をタップ(301F_icon_166表示)します。