1. 取扱説明書
  2. ARROWS A SoftBank 301F
  3. 基礎知識/基本操作
  4. スライドイン機能について

スライドイン機能について

画面の端(スライドスポット)から中央にスライドすると、任意のアプリケーションをランチャー表示(スライドインランチャー)したり、画面メモ機能(キャプメモ)を起動したりできます。スライドイン機能はどの画面からでも表示できるので、よく使うアプリケーションや画面メモ機能をいつでもすばやく起動することができます。

スライドインランチャーを利用する

  • お買い上げ時は「スライドイン機能設定」が「ON」に設定されています。

1

  • スライドスポットから画面の中央にスライド

ランチャーが表示されます。

  • お買い上げ時は、画面の左下端にスライドスポットが設定されています。
  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。

2

  • 起動するアプリケーションをタップ

アプリケーションが起動します。

  • スライドスポットからスライドしたまま、アプリケーションアイコンの上で指を離してもアプリケーションを起動できます。
  • アプリケーションアイコンをロングタッチすると、アプリケーションアイコンの削除や変更ができます。
  • 301F_icon_208をタップするとランチャーに表示するアプリケーションアイコンを追加できます。
  • 301F_icon_125をタップするとスライドスポットの位置などの設定ができます。

キャプメモを利用する

表示されている画面を簡単な操作でキャプチャし、描画ツールを使って手書きで画像を編集したり、ほかのアプリケーションと共有したりできます。

1

  • スライドスポットから画面の中央にスライド

  • お買い上げ時は、画面の右下端にスライドスポットが設定されています。
  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。

2

  • 301F_icon_252の上で指を離す

画面がキャプチャされて編集画面が表示されます。

  • テレビ視聴画面など、アプリケーションや機能によっては画面をキャプチャできない場合があります。
  • スライドスポットから画面の中央にフリックし、301F_icon_401をタップしても画面をキャプチャできます。

3

  • 画像を編集する場合はツールをタップ

  • 保存またはbackをタップすると、そのまま保存できます。

4

  • 編集操作を行う
  • 保存

編集した画像が保存されます。

  • 保存された画像はギャラリーの「スクリーンショット」アルバムなどから確認できます。
  • 描画ツールで画像に文字や絵などを手書きできます。
  • 鉛筆/ペン/蛍光ペンツールを選択中に再度同じツールをタップすると、色選択画面が表示されます。
  • 共有をタップし、アプリケーションをタップすると、画像を共有することができます。共有の隣に表示されているアイコンをタップしても共有できます。
  • キャプメモの画像をWi-Fi 対応プリンターで印刷できます。Wi-Fi 印刷については「Wi-Fi対応プリンターで印刷する」を参照してください。

スライドスポットを設定する

スライドを始める位置を指定し、ランチャーやキャプメモを割り当てることができます。

  • スライドスポットは複数の箇所に設定できます。

1

  • スライドインランチャーを表示中に301F_icon_125

  • ホーム画面でMENU→本体設定→ディスプレイ→スライドイン機能設定をタップしても操作できます。

2

  • スライドスポット

3

  • スポットをタップ

4

  • 設定するランチャーまたはキャプメモをタップ

スライドスポットが設定されます。

+スライドイン機能を利用するかどうかを設定する

  • ホーム画面でMENU
  • 本体設定
  • ディスプレイ
  • スライドイン機能設定
  • OFFON
  • OFFをタップすると「ON」に設定されます(301F_icon_444)。ONをタップすると「OFF」に設定されます(301F_icon_443)。