1. 取扱説明書
  2. ARROWS A SoftBank 301F
  3. Wi-Fi/接続
  4. DLNA機能を利用する

DLNA機能を利用する

Wi-Fi接続を利用して、本機と外部機器間で静止画や動画などのファイルを共有できます。本機に保存したコンテンツをDLNA対応のパソコンやテレビで再生したり、DLNA対応のパソコンやネットワーク対応ハードディスク(NAS)のコンテンツを本機で再生したりすることができます。

DLNA対応機器と連携するにはWi-Fi接続が必要です。

DLNA対応機器側での操作については、DLNA対応機器の取扱説明書をご覧ください。

本機はDTCP-IPに対応しています(DTCP+にも対応)。

本機能は、本機とすべてのDLNA/DTCP-IP対応機器との連携を保証するものではありません。

DLNAサーバーを起動する

本機をDLNA対応サーバーとして起動し、本機のコンテンツを公開します。

1

  • ホーム画面で301F_icon_111
  • 301F_icon_029(DiXiM Player)

DiXiM Player画面が表示されます。

  • Wi-Fi接続案内画面が表示された場合、Wi-Fi接続環境であれば閉じるをタップします。

2

  • サーバー起動

  • リモートサーバー一覧が表示された場合は、Wi-Fi設定を確認して301F_icon_262をタップします。
  • DiXiMリモートアクセスサービスについて、詳しくは301F_icon_436→リモートアクセスサービスとは?をタップして表示される内容を参照してください。

3

  • はい

DiXiMサーバーが起動し、本機がDLNAサーバーとして設定(公開)されます。

  • サーバーを停止するときは、サーバー停止をタップします。

コンテンツ操作メニューで操作する

コンテンツを選択し、ダイレクトに各種の操作を行うことができます。操作内容によっては、あらかじめDLNA対応機器側でコンテンツを公開し、本機からのアクセスを許可しておく必要があります。

1

  • ホーム画面で301F_icon_111
  • 301F_icon_029(DiXiM Player)

DiXiM Player画面が表示されます。

2

  • サーバー名をタップ

選択したサーバーのコンテンツ一覧画面が表示されます。

  • 前回起動時にDLNAサーバーを選択していた場合はコンテンツ一覧画面が表示されます。
  • サーバーが起動していない場合には、遠隔起動の確認画面が表示されます。画面の指示に従って操作してください。

3

  • フォルダを選択

4

  • コンテンツをロングタッチ

コンテンツ操作メニューが表示され、実行可能な選択肢がアクティブ表示されます。

5

  • 任意のメニューをタップ

選択した操作を実行するための画面が表示されます。

  • ドラマなどの連続放送の録画番組を再生中にMENUをタップして連続再生→ONをタップすると、次のコンテンツを連続して再生します。
  • プレーヤーとしてコンテンツを再生しているときに、本機とDLNA対応機器で再生先を切り替えると、コンテンツの続きから再生します。

コンテンツ操作メニューアイコン

アイコン 説明
301F_icon_254 本機で再生
301F_icon_255 続きから再生
301F_icon_256 別の機器で再生
301F_icon_257 別の機器で続きから再生
301F_icon_258 アップロード
301F_icon_259 削除
301F_icon_260 ダウンロード
301F_icon_261 番組詳細情報

本機のコンテンツをDLNA対応機器側で再生する

  • あらかじめ本機のDLNAサーバーを起動し、DLNA対応機器からのアクセスを許可しておきます。

1

  • DLNA対応機器側で本機のコンテンツを操作

DLNA対応機器側で本機のコンテンツが再生されます。

  • DLNA対応機器側での操作については、DLNA対応機器の取扱説明書をご覧ください。
  • 本機のカメラで撮影した動画などは、本機以外のDLNA対応機器で再生できない場合があります。

デジタル録画番組を持ち出して再生する

レコーダーなどのDLNA対応機器に録画したデジタル録画番組を本機に保存し、再生できます。

  • DLNA対応機器がコンテンツのアップロードに対応している必要があります。
  • あらかじめDLNA対応機器から本機へのアクセスを許可してください。

1

  • ホーム画面で301F_icon_111
  • 301F_icon_029(DiXiM Player)

DiXiM Player画面が表示されます。

2

  • DLNA対応機器側でコンテンツをアップロード

本機がDLNA対応機器になる場合は、DiXiM Player画面で301F_icon_436→「アプリの設定」の「アップロード設定」で設定した保存先にコンテンツが保存されます。

3

  • DiXiM Player画面で301F_icon_436
  • 持ち出し番組

持ち出し番組一覧が表示されます。

4

  • 持ち出し番組一覧からコンテンツを選択

コンテンツが再生されます。

+DLNAサーバーを設定する

DLNAサーバー名を設定する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • サーバー名
  • サーバー名を入力
  • 変更
  • ここで設定したサーバー名が、DLNA対応機器に表示されます。
 

接続機器のアクセス権を設定する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • アクセス権の設定
  • 各項目を設定
  • 確認画面が表示された場合は、画面の指示に従って操作してください。
 

接続機器に公開するフォルダを設定する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • 公開フォルダ設定
  • 各項目を設定
  • 確認画面が表示された場合は、画面の指示に従って操作してください。
 

起動時にメッセージを表示するかどうかを設定する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • 非表示になったメッセージ
  • 表示する表示しない
 

自動的にサーバーが停止するまでの時間を設定する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • 自動終了設定
  • 設定項目をタップ
 

画面ロック中でもサーバーの動作を継続する

  • DiXiM Player画面でサーバーを起動
  • 301F_icon_436
  • アプリの設定
  • DiXiM Serverの設定
  • 画面ロック中の動作301F_icon_116表示)
  • はい
  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。