1. 取扱説明書
  2. ARROWS A SoftBank 301F
  3. Wi-Fi/接続
  4. 本機の画面をテレビやモニターに表示する

本機の画面をテレビやモニターに表示する

本機とテレビやモニターを接続して、静止画、動画、ブラウザ画面などを表示することができます。

MHL接続を利用する

接続にはMHLケーブル(市販品)が必要です。

  • アプリケーションによっては、接続した機器に本機の画面を表示できないことがあります。

1

  • 本機の外部接続端子とテレビ/モニター側のMHL端子をMHLケーブル(市販品)で接続
  • テレビ/モニター側のMHL端子への接続方法や入力の切り替え、音量の調節などについてはテレビ/モニターの取扱説明書をご覧ください。
  • テレビ/モニター側のHDMI端子に接続する場合は、HDMIケーブル(市販品)とMHL-HDMI変換アダプタ(市販品)が必要です。MHL-HDMI変換アダプタの接続方法については、MHL-HDMI変換アダプタの取扱説明書をご覧ください。

2

  • 本機側で静止画、動画、ブラウザ画面を操作

テレビ/モニターに本機の画面の内容が表示されます。

Miracastを利用する

Miracastに対応したテレビやモニターに接続し、本機の画面を表示します。

  • アプリケーションによっては、接続した機器に本機の画面を表示できないことがあります。

1

  • ホーム画面でMENU
  • 本体設定
  • Miracast

Miracast設定画面が表示されます。

  • 使用可能な機器を自動的に検索し、検索結果一覧が表示されます。
  • 「Miracast」が「OFF」の場合は、OFFをタップして「ON」にします。

2

  • 機器をタップ

Miracast対応機器が本機に登録(ペア設定)されると、Miracast接続されます。

  • ほかの機器を検索する場合はディスプレイを検索をタップします。
  • Miracast接続済みになると表示される301F_icon_088→切断をタップすると、Miracast接続を切断します。301F_icon_088→名前欄を修正→完了をタップすると、ペア設定されたディスプレイの名称を変更できます。

3

  • Miracast対応アプリケーションで表示するデータをタップ

本機の画面が接続した機器の画面に表示されます。

MirrorLinkでカーナビと接続する

MirrorLink対応のカーナビなどの車載機器と本機をmicroUSBケーブル(市販品)で接続すると、本機のMirrorLink対応アプリ画面を車載機器に表示できます。また、車載機器から本機を操作することも可能です。

1

  • MirrorLink対応アプリを起動

2

  • microUSBケーブル(市販品)で本機と車載機器を接続

MirrorLink対応アプリの画面や音声が、車載機器のディスプレイで再生されます。

  • 一定時間が経過してスリープモードになった場合でも、車載機器への出力は停止されません。powerまたは指紋センサーを押してスリープモードを設定した場合は、車載機器への出力が停止され、スリープモードを解除すると再開されます。
  • あらかじめBluetooth®通信に対応したハンズフリー機器とペア設定済みの場合は、本機または車載機器で着信に応答できます。

iMHL/Miracast出力時の動作について

テレビのリモコンについて

MHL出力中は、テレビのリモコンで静止画や動画の操作ができる場合があります。

 

全画面表示について

MHL/Miracast出力中は、コンテンツによっては、全画面表示ができない場合があります。

 

MHL/Miracast出力中の制限について

アプリケーションによっては、ディスプレイが黒く表示されたり、接続機器と本機の画面が同じにならないことがあります。
MHL/Miracast出力中は、FMトランスミッタをご利用できません。
MHL/Miracast出力中は、マルチメディア設定の「動画補正」「静止画補正」は無効となります。