1. 取扱説明書
  2. Pocket WiFi SoftBank 301HW
  3. 各種機能を設定する(本機のタッチメニューを使用する)
  4. SSIDや認証方式を設定する

SSIDや認証方式を設定する

本機のSSID(ネットワーク名)やセキュリティーキー(WPAキーまたはWEPキー)、無線LAN接続に使用する認証方式や暗号化方式を設定します。
また、2つのSSIDを利用できるマルチSSID機能(SSID B)のオン/オフを設定します。

SSIDとセキュリティーキーを設定する

1

  • SSID

2

  • SSID

3

  • SSIDを入力し、OK

4

  • セキュリティーキー

5

  • セキュリティーキーを入力し、OK

入力したSSIDとセキュリティーキーが設定されます。

認証方式を設定する

無線LAN接続に使用する認証方式を選択します。
次の表の認証方式が選択できます。

項目 説明
自動 接続先の認証方式に合わせ、「Open」と「Shared」を自動的に判別して通信します。
暗号化方式には「WEP」を使用します。
Open WEPキーによる認証を行いません。
暗号化方式には「NONE」または「WEP」を使用します。
Shared WEPキーを利用して認証を行い、同じWEPキーを持っている機器と通信ができます。
暗号化方式には「WEP」を使用します。
WPA-PSK WPAセキュリティーキーを利用して認証を行います。
暗号化方式には「AES」または「AES+TKIP」を使用します。
WPA2-PSK WPAセキュリティーキーを利用して認証を行います。
暗号化方式には「AES」または「AES+TKIP」を使用します。
WPA/WPA2-PSK WPAセキュリティーキーを利用して認証を行います。
暗号化方式には「AES」または「AES+TKIP」を使用します。

1

  • SSID

2

  • 認証方式

3

  • 設定したい認証方式の横のチェックマークをタップ

選択した認証方式で通信が実行されます。

  • 設定したい方式が表示されない場合は、フリックして画面をスクロールします。

暗号化方式を設定する

無線LAN接続に使用する暗号化方式を選択します。

1

  • SSID

2

  • 暗号化方式

3

  • 設定したい暗号化方式の横のチェックマークをタップ

選択した暗号化方式で通信が実行されます。

マルチSSID機能をオンにする

マルチSSID機能(SSID B)をオンにし、SSID Bについて無線LANの基本的な設定を行います。

  • SSID Bを利用するには、インターネットWi-Fi機能をオフにする必要があります。インターネット接続はモバイルネットワークをご利用ください。
  • SSID BはWPA/WPA2の暗号化方式には対応していません。

1

  • インターネットWi-Fi

2

  • 「インターネットWi-Fi」欄のON

「設定中」のメッセージが表示され、「インターネットWi-Fi」がOFFになります。

3

  • ホーム画面に戻り、「インターネットWi-Fi」のアイコンが「OFF」になっていることを確認し、SSID

4

  • 「SSID B」の「SSIDB有効」欄のOFF

  • インターネットWi-Fi機能がオンの状態で「SSIDB有効」をONにすると、お知らせ画面が表示されます。はいをタップすると、インターネットWi-Fi機能が自動的にオフになります。

5

  • SSID Aと同様にSSIDとセキュリティーキー、認証方式および暗号化方式を設定する

SSID Bが利用できるようになります。