1. 取扱説明書
  2. Pocket WiFi SoftBank 301HW
  3. 各種機能を設定する(WEB UIを使用する)
  4. LAN Wi-Fi設定を行う

LAN Wi-Fi設定を行う

本機は、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などと無線LAN接続できます。この無線LAN接続を「LAN Wi-Fi」と呼びます。

LAN Wi-Fiで本機と接続した無線LAN端末は、本機のインターネットWi-Fi機能を使って、インターネットにアクセスできます。

LAN Wi-Fiの基本設定を行う(SSID A)

SSID Aについて無線LANの基本的な設定を行います。

ここで設定する項目は次の通りです。

項目 説明
端末にSSIDとセキュリティーキーを表示 チェックをすると、本体のタッチメニューの「SSID」をタップしたときに、SSIDとセキュリティーキーを表示します。
SSID SSID(ネットワーク名)を設定します。
認証方式 認証方式を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
WPAセキュリティーキー 「認証方式」で「WPA-PSK」「WPA2-PSK」「WPA/WPA2-PSK」のいずれかを選択しているときに表示されます。セキュリティーキーを入力します。
WEPキー1~4 「認証方式」で「自動」「Open」「Shared key」のいずれかを選択し、「暗号化方式」が「WEP」のときに表示されます。WEPキーを入力します。
デフォルトキー 既定値のWEPキーを設定します。
プライバシーセパレーター SSID Aに接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
SSIDステルス 本機のSSIDを通知しないようにするかどうかを設定します。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • 基本設定

2

  • 各項目を設定
  • 適用

SSID AのLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。

マルチSSID機能をオンにする(SSID B)

SSID Bについて無線LANの基本的な設定を行います。

  • SSID Bを利用するには、インターネットWi-Fi機能をオフにする必要があります。インターネット接続はモバイルネットワークをご利用ください。
  • SSID BはWPA/WPA2の暗号化方式には対応していません。

ここで設定する項目は次の通りです。

項目 説明
SSID SSID(ネットワーク名)を設定します。
認証方式 認証方式を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
WEPキー1~4 「認証方式」で「自動」「Open」「Shared key」のいずれかを選択し、「暗号化方式」が「WEP」のときに表示されます。WEPキーを入力します。
デフォルトキー 既定値のWEPキーを設定します。
プライバシーセパレーター SSID Bに接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
SSIDステルス 本機のSSIDを通知しないようにするかどうかを設定します。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • 基本設定

2

  • 「SSID B」をオン

  • インターネットWi-Fi機能がオンの状態で「SSID B」のオンをクリックすると、お知らせ画面が表示されます。はいをタップすると、インターネットWi-Fi機能が自動的にオフになります。

3

  • 各項目を設定
  • 適用

SSID BのLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。

LAN Wi-Fiの詳細設定を行う

ここで設定できる項目は次の通りです。

項目 説明
無線LANを使用する国名を設定します。
チャンネル 無線LANのチャンネルを設定します。インターネットWi-Fi機能がオンのときは自動のみ選択できます。
通信規格 無線LANの通信規格を設定します。
SSID間通信 SSID AとSSID Bそれぞれに接続されている機器間での通信を許可するかどうかを設定します。この設定項目は、マルチSSID機能(SSID B)をオンにしているときにのみ表示されます。
スリープ設定 本機に無線LAN端末が接続されていない状態のとき、無線LAN機能を自動的にオフにするかどうかを設定します(充電時を除く)。
無線LAN機能をオフにするまでの時間(分) スリープ設定が「オン」のときに、無線LAN機能を自動的にオフにするまでの時間を設定します。
圏外時Wi-Fi自動切断 本機がネットワークの圏外になったとき、無線LAN端末との通信を自動的に切断するかどうかを設定します。
周波数幅 無線LANチャンネルの周波数帯域幅を設定します。
20MHzの帯域で通信するか、20MHzまたは40MHzの帯域で通信するかを選択します。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • 詳細設定

2

  • 各項目を設定
  • 適用

LAN Wi-Fi詳細設定が設定されます。

MACアドレスフィルタリングを設定する

無線LAN端末のMACアドレスを登録して無線LAN接続の許可/禁止を設定し、セキュリティー機能を強化できます。

  • マルチSSID機能(SSID B)をオンにしている場合は、SSID BでもMACアドレスフィルタリングの設定ができます。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • MACアドレスフィルタリング

2

  • 「MACアドレスフィルタリング」で許可拒否
  • MACアドレスを入力
  • 適用

  • 入力したMACアドレスを削除、編集した場合も同様に適用をクリックしてください。

3

  • はい

MACアドレスフィルタリングが設定されます。

MACアドレスフィルタリングを解除する

登録したMACアドレスが消去され、MACアドレスフィルタリングが解除されます。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • MACアドレスフィルタリング

2

  • 「MACアドレスフィルタリング」でオフ
  • 適用

3

  • はい

MACアドレスフィルタリングが解除されます。

DHCPを設定する

LAN内の端末にIPアドレスを割り当てる機能を設定します。

ここで設定できる項目は次の通りです。

項目 説明
IPアドレス 本機のプライベートIPアドレスを設定します。
サブネットマスク サブネットマスクを設定します。
DHCPサーバー DHCP機能を利用するかどうかを設定します。
開始IPアドレス 無線LAN端末に割り当てる最小のIPアドレスを設定します。
終了IPアドレス 無線LAN端末に割り当てる最大のIPアドレスを設定します。
DHCPリース時間(秒) IPアドレスのリース時間を設定します。

1

  • メニューリストでLAN Wi-Fi
  • DHCP

2

  • 各項目を設定
  • 適用

3

  • はい

本機が再起動されると、DHCPが設定されます。

!LAN Wi-Fi設定変更時のご注意

無線LANで接続した端末から、WEB UIでLAN Wi-Fiの設定を変更すると、無線LANの接続が切れることがありますので、ご注意ください。