1. 取扱説明書
  2. SoftBank 303ZT
  3. 各種機能を設定する(本機のタッチメニューを使用する)
  4. SSIDを設定する

SSIDを設定する

本機のSSID(ネットワーク名)やセキュリティーキー(WPAキーまたはWEPキー)を設定します。
また、2つのSSIDを利用できるマルチSSID機能(SSID B)の有効/無効を設定します。

SSIDとセキュリティーキーを設定する

1

  • SSID

2

  • SSID A

3

  • OK

  • SSIDの名称を変更すると、接続されている無線LAN端末を再接続する必要があります。

4

  • SSIDを入力
  • OK

5

  • セキュリティーキー

6

  • OK

  • セキュリティーキーを変更すると、接続されている無線LAN端末を再接続する必要があります。

7

  • セキュリティーキーを入力
  • OK

入力したSSIDとセキュリティーキーが設定されます。

マルチSSID機能を有効にする

マルチSSID機能(SSID B)を有効にし、SSID Bについて無線LANの基本的な設定を行います。

  • SSID Bを利用するには、インターネットWi-Fi機能を無効にする必要があります。インターネット接続はモバイルネットワークをご利用ください。
  • マルチSSID機能を有効にしている場合、接続している無線LAN端末の接続数によっては、最大通信速度が低下する場合があります。

1

  • インターネットWi-Fi

2

  • 「インターネットWi-Fi」欄のON

「インターネットWi-Fi」がOFFになります。

3

  • ホーム画面に戻り、「インターネットWi-Fi」のアイコンが「OFF」になっていることを確認
  • SSID

4

  • SSID B

5

  • 「SSID B」欄のOFF

SSID Bが利用できるようになります。

  • インターネットWi-Fi機能が有効の状態で「SSID B」をONにすると、お知らせ画面が表示されます。はいをタップすると、インターネットWi-Fi機能が自動的に無効になります。