1. 取扱説明書
  2. AQUOS Xx SoftBank 304SH
  3. 電話/電話帳
  4. 電話帳をインポートする

電話帳をインポートする

あんしんバックアップアプリを利用して電話帳をインポートする

あんしんバックアップでは、SoftBankが管理するサーバー(クラウド)を利用してデータをバックアップしたり、インポートしたりできます。

詳しくは「あんしんバックアップアプリを利用する」を参照ください。

SDカードから電話帳をインポートする

本機やほかの携帯電話でSDカードにバックアップした電話帳データを、インポート(読み込み)することができます。

  • 保存した相手機器によっては、本機で電話帳データを正しく読み込めないことがあります。

1

  • アプリシートで304sh_icon_0002(電話帳)

電話帳画面が表示されます。

2

  • MENU
  • 設定・管理

3

  • ストレージからインポート

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

4

  • 操作用暗証番号を入力
  • OK
  • 読み込むファイルをタップ
  • 一括登録
  • 追加登録

読み込みが完了します。

  • インポートする連絡先を選択するときは、選択登録をタップします。以降は、画面に従って操作してください。
  • 本機の電話帳をすべて削除して登録するときは、上書き登録をタップします。
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

赤外線で電話帳をインポートする

本機と送信側の機器を近づけ、双方の赤外線ポートがまっすぐに向き合うようにしてください。

1

  • アプリシートで304sh_icon_0062(赤外線送受信)

赤外線送受信画面が表示されます。

2

  • 全件受信

3

  • 認証コードを入力
  • OK

  • 認証コードは、正しい通信相手かどうかをお互いに確認するための暗証番号です。送信側/受信側で同じ数字(4桁)を入力します。特に決まった数字ではなく、その通信限りのものです。

4

  • 本機と送信側の機器の赤外線ポートを合わせる
  • OK

赤外線受信待機中画面が表示されます。

5

  • 相手機器で認証コードの入力、データ送信の操作を実行

6

  • 操作用暗証番号を入力
  • OK

登録方法の選択画面が表示されます。

7

  • 追加登録

データが登録されます。

  • 本機の電話帳をすべて削除して登録するときは、削除して登録をタップします。以降は、画面に従って操作してください。
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

Bluetooth®で電話帳をインポートする

Bluetooth®機能を利用して、ほかの携帯電話に保存した電話帳データをインポート(読み込み)することができます。

1

  • アプリシートで304sh_icon_0013(設定)

2

  • データ引継

データ引継画面が表示されます。

  • 機能紹介をタップすると、機能を確認できます。

3

  • データ取り込み
  • スマートフォンから電話帳データを取り込む

  • SDカードが挿入されていなかったり、SDカードにバックアップデータがない場合は、インポート元の携帯電話の選択画面が表示されます。画面に従って操作してください。

4

  • 画面に従って操作

電話帳データのインポートが完了します。

!インポート時のご注意

本体メモリの空き容量が少なくなっているときは、インポートできません。また、電池残量が不足しているときは、操作が中止されます。電池残量が十分あるときに操作することをおすすめします。