1. 取扱説明書
  2. AQUOS Xx SoftBank 304SH
  3. 端末設定
  4. ストレージの設定

ストレージの設定

ストレージの設定

本体メモリやSDカードのメモリ容量の確認や、SDカードのマウント/マウント解除、SDカード内のデータ消去などが行えます。設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
合計容量 本体メモリやSDカードの合計容量を確認します。
空き容量 本体メモリやSDカードの空き容量を確認します。
microSDをマウント SDカードをマウントします。
詳しくは、「SDカードのマウントを解除する」を参照してください。
microSDのマウント解除 SDカードのマウントを解除して安全に取り外せるようにします。
詳しくは、「SDカードのマウントを解除する」を参照してください。
microSD内データを消去 SDカードをフォーマットします。
詳しくは、「SDカードをフォーマットする」を参照してください。
microSDの暗号化 SDカードを暗号化します。
microSDにエクスポート 本体メモリのデータをSDカードにコピーします。
本体にインポート SDカードのデータを本体メモリにコピーします。

1

  • アプリシートで304sh_icon_0013(設定)

2

  • ストレージ

ストレージ画面が表示されます。

3

  • 各項目を設定

設定が完了します。

+ストレージ利用時の操作

SDカードを暗号化する

  • ストレージ画面でmicroSDの暗号化
  • OK
  • SDカード内データを消去
  • 操作用暗証番号を入力
  • OK
  • すべて消去
  • あらかじめ、画面ロック解除用のロックNo./パスワードを設定しておいてください。
 

本体メモリのデータをSDカードにコピーする

  • ストレージ画面でmicroSDにエクスポート
  • はい
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。
 

SDカードのデータを本体メモリにコピーする

  • ストレージ画面で本体にインポート
  • はい
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。
 

USBの接続モードを設定する

  • ストレージ画面でMENU
  • USB接続
  • 接続モードをタップ

!microSDの暗号化についてのご注意

SDカード内のデータを暗号化します。

  • 暗号化されたSDカードは、暗号化を実施した端末以外では認識できなくなります。
  • SDカードの暗号化の機能により、端末を紛失した際にSDカード内のデータをほかの人が読み取ることを防ぐことができます。
  • 暗号化されたSDカードを端末から外し、別の端末に挿したりSDカードリーダーライターでパソコン等に接続しても、接続した機器からSDカード内のデータを参照することはできません。
  • microSDの暗号化を行う際、一度SDカード内のデータがすべて削除されますのでご注意ください。
  • SDカードの暗号化を解除して通常のSDカードとして使用するためには、オールリセットを行う必要があります。
    オールリセットでmicroSDの暗号化状態を解除する際にmicroSD内データも消去するにチェックを入れて初期化する必要があります。その際はSDカード内のデータが削除されますのでご注意ください。
  • SDカードの暗号化を行った端末は、MTPモード/PTPモードでパソコンと接続することができなくなります。
  • SDカードの暗号化を行った端末で、別のSDカードに差し替えた場合、SDカードは読み取り専用となります。
  • 読み取り専用のSDカードは「SDカードをフォーマットする」の操作を行うことで書き込みが可能となります。その際はSDカード内のデータが削除されますのでご注意ください。