1. 取扱説明書
  2. 601HW
  3. 各種機能を設定する(WEB UIを使用する)
  4. ルーターの設定を行う

ルーターの設定を行う

ファイアウォールやIPアドレスのフィルタリングなど、本機のルーター機能の設定を行います。

ファイアウォールを設定する

ファイアウォール機能に関する詳細設定をします。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
ファイアウォール ファイアウォール機能を使用するかどうかを設定します。
IPアドレスフィルタリング IPアドレスフィルタ機能を使用するかどうかを設定します。
WAN側ポートping応答 WAN側からのpingに応答するかどうかを設定します。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • ファイアウォール

2

  • 各項目を設定
  • 適用

ファイアウォールが設定されます。

IPアドレスやポートのフィルタリングを設定する

設定したルールに従い、インターネットから送られてきた通信の送信元と送信先のアドレスからファイアウォールを通過させるか判断します。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
LAN IPアドレス ルールを適用する送信元端末のIPアドレスを設定します。
IPアドレスは、LAN側で使用しているIPアドレスの範囲内で指定します。
LANポート ルールを適用する送信元端末のポート番号を設定します。
WAN IPアドレス ルールを適用する送信先端末のIPアドレスを設定します。
WANポート ルールを適用する送信先端末のポート番号を設定します。
プロトコル ルールを適用するプロトコルを選択します。
ステータス ルールを適用するかどうかを設定します。
操作 ルールを登録したり削除したりします。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • IPアドレスフィルタリング

  • ファイアウォール設定のIPアドレスフィルタリングを有効にすることを促すメッセージが表示された場合は、「ファイアウォールを設定する」を参照し、ファイアウォールで「IPアドレスフィルタリング」にチェックをつけてから操作してください。

2

  • 「フィルタリングモード」を拒否許可

3

  • 追加

4

  • 各項目を入力
  • OK

  • IPv6アドレスを設定する場合は、IPアドレスの末尾にプレフィックスを入力する必要があります。
  • ステータスをオンにすると、設定したIPアドレスがフィルタリングされ、接続が拒否されます。
  • ステータスをオフにすると、設定したIPアドレスはフィルタリングされず、接続が許可されます。フィルタリングを解除するのではなく、一時的に無効にしたいときに利用します。

5

  • 適用

IPアドレスフィルタリングが設定されます。

IPアドレスやポートのフィルタリングを解除する

1

  • メニューリストでルーター設定
  • IPアドレスフィルタリング

2

  • 「フィルタリングモード」の拒否許可

3

  • 削除

4

  • はい

5

  • 適用

IPアドレスフィルタリングの設定が削除されます。

ポートマッピングを設定する

インターネットからLAN内の特定の端末にアクセスできるように仮想サーバを設定します。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
名前 仮想サーバの名前を設定します。
WANポート 送信元ポート番号を設定します。
LAN IPアドレス サーバとして公開するLAN側端末のIPアドレスを設定します。
IPアドレスは、LAN側で使用しているIPアドレスの範囲内で指定します。
LANポート サーバとして公開するLAN側の特定の端末に、パケットを転送する際の送信先ポート番号を設定します。
プロトコル ルールを適用するプロトコルを選択します。
ステータス ルールを適用するかどうかを設定します。
操作 ルールを登録したり削除したりします。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • ポートマッピング

2

  • 追加

3

  • 各項目を入力
  • OK

  • ステータスをオンにすると、ポートのマッピングが有効になります。
  • ステータスをオフにすると、ポートのマッピングが無効になります。マッピングを解除するのではなく、一時的に無効にしたいときに利用します。

4

  • 適用

ポートマッピングが設定されます。

ポートマッピングを解除する

1

  • メニューリストでルーター設定
  • ポートマッピング

2

  • 削除

3

  • はい

4

  • 適用

ポートマッピングの設定が削除されます。

特殊なアプリケーションを設定する

オンラインゲームやテレビ電話システムなど、特殊なアプリケーションが利用できるようにします。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
名前 名前を設定します。
ステータス ルールを適用するかどうかを設定します。
起動ポート 制御データ用のポート番号を設定します。
起動プロトコル 制御データ用のプロトコルを選択します。
オープンプロトコル データ転送用のプロトコルを選択します。
オープンポート データ転送用のポート番号を設定します。
操作 ルールを登録したり削除したりします。
  • 使用するアプリケーションの取扱説明書も参照してください。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • 特殊なアプリケーション

2

  • 追加

3

  • 各項目を入力
  • OK

4

  • 適用

特殊なアプリケーションの設定が登録されます。

特殊なアプリケーションを解除する

1

  • メニューリストでルーター設定
  • 特殊なアプリケーション

2

  • 削除

3

  • はい

4

  • 適用

特殊なアプリケーションの設定が削除されます。

DMZを設定する

LAN内の特定の端末を、他の端末から隔離されたDMZホストとして設定することができます。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
DMZ DMZホストを設定するかどうかを選択します。
DMZ IPアドレス DMZホストのIPアドレスを設定します。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • DMZ

2

  • 各項目を設定
  • 適用

DMZホストの設定が適用されます。

SIP ALGを設定する

SIPアプリケーションを使用してインターネット電話などのサービスを利用するときに設定します。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
SIP ALG1 SIP ALG機能をONにするかどうかを選択します。
SIPポート SIPサービスプロバイダから指定されたポート番号を入力します。
1 SIP ALGは、本機と接続した端末でSIPアプリケーション(例:X-Lite、Yate、Sipdroid等)を利用する際に必要となります。SIPアプリケーションで正常に通話ができない場合は、「SIP ALG」のチェックを外す→適用→「SIP ALG」のチェックを付ける→適用を実行後、SIPアプリケーションを再起動してください。
  • 使用するアプリケーションの取扱説明書も参照してください。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • SIP ALG

2

  • 各項目を設定
  • 適用

SIP ALGの設定が適用されます。

UPnPを設定する

UPnP対応の周辺機器、AV機器、電化製品、またはメッセンジャーソフトなどのUPnP対応アプリケーションを使用するときに設定します。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
UPnP UPnPを利用するかどうかを設定します。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • UPnP

2

  • オンオフ
  • 適用

UPnPの設定が適用されます。

NATを設定する

LAN内で利用しているプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換して、インターネット接続することができます。

ここで設定する項目は次のとおりです。

項目 説明
Cone 提供されるセキュリティーは低いが、アプリケーションの正常な動作を実現することが可能となります。
ゲーム機器のアプリをはじめ、お客様のアプリとの互換性が高くなります。
Symmetric よりセキュリティー要件の高いゲートウェイで展開されます。
Tcp Nat時間(秒) TCPセッション確立後、通信をしていない状態でセッションを保持できる時間を設定できます。入力できる値は300~43200秒です。
Udp Nat時間(秒) 通信をしていない状態でUDPステート管理を保持できる時間を設定できます。入力できる値は120~3600秒です。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • NAT

2

  • ConeSymmetric
  • 各項目を入力
  • 適用

NATの設定が適用されます。

圏外通知を設定する

圏外になったとき、本機を経由してインターネットにアクセスしている端末のブラウザに、圏外であることを通知するかどうかを設定します。

1

  • メニューリストでルーター設定
  • 圏外通知

2

  • オンオフ
  • 適用

圏外通知の設定が適用されます。