1. 取扱説明書
  2. 601HW
  3. 各種機能を設定する(WEB UIを使用する)
  4. LAN Wi-Fi設定を行う

LAN Wi-Fi設定を行う

LAN Wi-Fiのスリープ設定を行う

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
スリープ設定 本機に無線LAN端末が接続されていない状態のとき、無線LAN機能を自動的にOFFにするかどうかを設定します。ただし充電中は、スリープ設定がONの場合でも、無線LAN機能はOFFになりません。

1

  • WEB UIのメニューで設定

ログイン画面が表示されます。

  • ログインしている場合は、手順sb_icon_num_03に進みます。

2

  • ログインパスワードを入力
  • ログイン

設定画面が表示されます。

3

  • LAN Wi-Fi

4

  • スリープまでの時間を設定
  • 適用

  • オフを選択すると、スリープ設定がOFFになります。

5

  • はい

スリープ設定が設定されます。

LAN Wi-Fiの基本設定を行う(SSID A)

Wi-Fi名(SSID A)について無線LANの基本的な設定を行います。

  • ここで設定する項目は次のとおりです。
項目 説明
SSID Wi-Fi名(ネットワーク名)を設定します。
認証方式 認証方式を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
WPAセキュリティーキー 認証方式で「WPA2-PSK」「WPA/WPA2-PSK」のいずれかを選択しているときに表示されます。パスワード(セキュリティーキー)を入力します。
WEPキー1~4 認証方式で「自動」「Open」「Shared key」のいずれかを選択し、暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。WEPキーを入力します。
デフォルトキー 既定値のWEPキーを設定します。
  • 「セキュリティーキーを表示」にチェックを付けると、入力したWPAセキュリティーキー、WEPキー1~4を表示できます。

1

  • WEB UIのメニューで設定

ログイン画面が表示されます。

  • ログインしている場合は、手順sb_icon_num_03に進みます。

2

  • ログインパスワードを入力
  • ログイン

設定画面が表示されます。

3

  • LAN Wi-Fi

4

  • 各項目を設定
  • 適用

5

  • はい

Wi-Fi名(SSID A)のLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。

マルチSSID機能をONにする(SSID B)

Wi-Fi名(SSID B)について無線LANの基本的な設定を行います。

  • Wi-Fi名(SSID B)を利用するには、Wi-Fiスポット機能をOFFにする必要があります。インターネット接続はモバイルネットワークをご利用ください。
  • Wi-Fi名(SSID B)はWPA/WPA2の暗号化方式には対応していません。
  • マルチSSID機能をONにしている場合、Wi-Fi名(SSID A)に最大7台まで、Wi-Fi名(SSID B)に最大6台まで接続することができます。
  • マルチSSID機能をONにしている場合、接続している無線LAN端末の接続数によっては、最大通信速度が低下する場合があります。
  • ここで設定する項目は次のとおりです。
項目 説明
SSID Wi-Fi名(ネットワーク名)を設定します。
認証方式 認証方式を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
WEPキー1~4 認証方式で「自動」「Open」「Shared key」のいずれかを選択し、暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。WEPキーを入力します。
デフォルトキー 既定値のWEPキーを設定します。
  • 「セキュリティーキーを表示」にチェックを付けると、入力したWEPキー1~4を表示できます。

1

  • WEB UIのメニューで設定

ログイン画面が表示されます。

  • ログインしている場合は、手順sb_icon_num_03に進みます。

2

  • ログインパスワードを入力
  • ログイン

設定画面が表示されます。

3

  • LAN Wi-Fi

4

  • 「SSID B」をオン

  • Wi-Fiスポット機能がONの状態で「SSID B」のオンをタップすると、お知らせ画面が表示されます。はいをタップすると、Wi-Fiスポット機能が自動的にOFFになります。

5

  • 各項目を設定
  • 適用

6

  • はい

Wi-Fi名(SSID B)のLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。