1. 取扱説明書
  2. 802ZT
  3. 各種機能を設定する(WEB UIを使用する)
  4. LAN Wi-Fi設定を行う

LAN Wi-Fi設定を行う

本機は、パソコンやスマートフォンなどと無線LAN接続できます。この無線LAN接続を「LAN Wi-Fi」と呼びます。

LAN Wi-Fiで本機と接続した無線LAN端末は、本機のWi-Fiスポット機能を使って、インターネットにアクセスできます。

また、会社の無線LANルーターや、ソフトバンクWi-Fiスポットなどと接続して、インターネットに接続できます。このインターネット接続のことを、「Wi-Fiスポット」と呼びます。

Wi-Fiスポット機能とマルチSSID機能(SSID B)を同時に使用することはできません。

!LAN Wi-Fi設定変更時のご注意

無線LANで接続した端末から、WEB UIでLAN Wi-Fiの設定を変更すると、無線LANの接続が切れることがありますのでご注意ください。

LAN Wi-Fiの基本設定を行う(SSID A)

Wi-Fi名(SSID A)について無線LANの基本的な設定を行います。

ここで設定する項目は次のとおりです。

項目 説明
Wi-Fi 無線LANを使用するかどうかを設定します。
マルチSSID Wi-Fi名(SSID B)も使用できるように設定します。
SSID 接続する無線LAN端末に表示されるWi-Fi名(SSID A)を設定します。
セキュリティキー 認証方法で「WPA2-PSK」「WPA-PSK/WPA2-PSK」のいずれかを選択しているときに表示されます。パスワード(セキュリティキー)を入力します。
プライバシーセパレーター Wi-Fi名(SSID A)に接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
プライバシーセパレーター(クレードル) クレードル(別売)使用時に、Wi-Fi名(SSID A)に接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
SSIDステルス 本機のWi-Fi名(SSID A)を通知しないようにするかどうかを設定します。
認証方法 認証方法を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
デフォルトキー 認証方法が「自動」「SHARED」のいずれかを選択しているとき、または認証方法が「OPEN」で暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。1~4のキーから選択できます。
セキュリティキー 認証方法が「自動」「SHARED」のいずれかを選択しているとき、または認証方法が「OPEN」で暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。選択したデフォルトキーのWEPキーを入力します。
接続可能台数 本機に接続できる端末の数を設定します。
QRコード 無線LAN端末からQRコードを読み取って、Wi-Fi接続することができます。
SSIDを表示 本機のタッチメニューの「Wi-Fi名」をタップしたときに、Wi-Fi名(SSID)を表示するかどうかを設定します。
セキュリティキーを表示 本機のタッチメニューの「Wi-Fi名」をタップしたときに、パスワード(セキュリティキー)を表示するかどうかを設定します。

1

  • 「設定」タブ
  • LAN Wi-Fi
  • 基本設定

Wi-Fiの基本設定画面が表示されます。

2

  • SSID Aの各項目を設定
  • 保存

Wi-Fi名(SSID A)のLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。

マルチSSID機能をONにする(SSID B)

Wi-Fi名(SSID B)について無線LANの基本的な設定を行います。

  • マルチSSID機能(SSID B)を利用するには、Wi-Fiスポット機能をOFFにする必要があります。インターネット接続はモバイルネットワークをご利用ください(クレードル(別売)を利用してLANケーブルでインターネット接続する場合を除く)。
  • お買い上げ時の状態ではSSID Aの接続可能台数が16に設定されており、マルチSSID機能(SSID B)をONにすることができません。SSID Aの接続可能台数を15以下に変更してから操作してください。
  • マルチSSID機能(SSID B)をONにしている場合、Wi-Fi名(SSID A)とWi-Fi名(SSID B)には合計で16台までの無線LAN端末を接続できます。
  • マルチSSID機能(SSID B)をONにしている場合、接続している無線LAN端末の接続数によっては、最大通信速度が低下する場合があります。

ここで設定する項目は次のとおりです。

項目 説明
SSID間通信 SSID AとSSID Bそれぞれに接続されている機器間での通信を許可するかどうかを設定します。
SSID間通信(クレードル) クレードル(別売)使用時に、SSID AとSSID Bそれぞれに接続されている機器間での通信を許可するかどうかを設定します。
SSID BユーザーのWeb UIへのアクセスを許可 SSID BユーザーにWEB UIのアクセスを許可するかどうかを設定します。
SSID 接続する無線LAN端末に表示されるWi-Fi名(SSID B)を設定します。
セキュリティキー 認証方法で「WPA2-PSK」「WPA-PSK/WPA2-PSK」のいずれかを選択しているときに表示されます。パスワード(セキュリティキー)を入力します。
プライバシーセパレーター Wi-Fi名(SSID B)に接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
プライバシーセパレーター(クレードル) クレードル(別売)使用時に、Wi-Fi名(SSID B)に接続している無線LAN端末間の相互通信を禁止するかどうかを設定します。
SSIDステルス 本機のWi-Fi名(SSID B)を通知しないようにするかどうかを設定します。
認証方法 認証方法を設定します。
暗号化方式 暗号化方式を設定します。
デフォルトキー 認証方法が「自動」「SHARED」のいずれかを選択しているとき、または認証方法が「OPEN」で暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。1~4のキーから選択できます。
セキュリティキー 認証方法が「自動」「SHARED」のいずれかを選択しているとき、または認証方法が「OPEN」で暗号化方式が「WEP」のときに表示されます。選択したデフォルトキーのWEPキーを入力します。
接続可能台数 本機に接続できる端末の数を設定します。
QRコード 無線LAN端末からQRコードを読み取って、Wi-Fi接続することができます。

1

  • 「設定」タブ
  • LAN Wi-Fi
  • 基本設定

Wi-Fiの基本設定画面が表示されます。

2

  • 「マルチSSID」をON
  • 保存

  • Wi-Fiスポット機能がONの状態で「マルチSSID」をONにすると、お知らせ画面が表示されます。はいをクリックすると、Wi-Fiスポット機能が自動的にOFFになります。

3

  • SSID Bの各項目を設定
  • 保存

Wi-Fi名(SSID B)のLAN Wi-Fi基本設定が設定されます。

LAN Wi-Fiの詳細設定を行う

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
周波数 使用する周波数が表示されます。
通信規格(2.4GHz) 無線LANの通信規格を設定します。
帯域幅(2.4GHz) 無線LANチャンネルの周波数帯域幅を設定します。設定できる帯域は20MHzです。
Wi-Fiチャンネル(2.4GHz) 無線LANのチャンネルを設定します。
通信規格(5.0GHz)1 無線LANの通信規格を設定します。
帯域幅(5.0GHz)1 無線LANチャンネルの周波数帯域幅を設定します。設定できる帯域は20MHz、20MHz/40MHz、20MHz/40MHz/80MHzです。
Wi-Fiチャンネル(5.0GHz)1 無線LANのチャンネルを設定します。
Wi-Fiチャンネル(クレードル)1 クレードル(別売)使用時にのみ、利用可能な無線LANのチャンネルを設定します。
送信電力 無線LANの送信電力を設定します。送信電力を抑えると他の通信との干渉を減少できます。
NATタイマー(TCP) TCPセッション確立後、通信をしていない状態でセッションを保持できる時間を設定できます。入力できる値は30~86400秒です。
NATタイマー(UDP) 通信をしていない状態でUDPステート管理を保持できる時間を設定できます。入力できる値は30~86400秒です。
スリープモード 本機に無線LAN端末が接続されていない状態のとき、無線LAN機能を自動的にOFFにするかどうかを設定します。
WPS WPS機能対応の無線LAN端末と接続するときに使用します。
1 周波数で「5GHz」または「2.4GHz/5GHz」を選択している場合のみ設定できます。
  • Wi-Fiチャンネル(5.0GHz)とWi-Fiチャンネル(クレードル)を同時にOFFに設定することはできません。
  • Wi-Fiチャンネル(5.0GHz)をOFFに設定し、Wi-Fiチャンネル(クレードル)を利用する設定にしている場合、クレードル(別売)を利用しないときはWi-Fiチャンネルが「自動(100-140)」で動作します。

1

  • 「設定」タブ
  • LAN Wi-Fi
  • 詳細設定

2

  • 各項目を設定
  • 保存

LAN Wi-Fi詳細設定が設定されます。

WPS機能対応の無線LAN端末と接続する

WPS機能対応の無線LAN端末と接続します。Wi-Fi名(SSID)のSSID AとSSID Bそれぞれに接続することができます。

Wi-Fi名(SSID B)で接続する場合は、マルチSSID機能(SSID B)をONにしておく必要があります。

  • 無線LAN端末の無線LAN機能をONにし、必要に応じてWPS設定の準備操作を行ってください。
  • WPS機能の設定方法は機器によって異なります。お使いの無線LAN端末に付属されている取扱説明書などを参照してください。

1

  • 「設定」タブ
  • LAN Wi-Fi
  • 詳細設定

2

  • WPS方式を選択
  • 接続

無線LAN端末からの接続を受け付ける状態になります。

  • PINコード入力での接続にするか、またはボタンプッシュでの接続にするかが選択できます。

3

  • 次の画面が表示されている間(120秒以内)に、無線LAN端末でWPS機能の接続設定を行う

  • 「WPS接続に失敗しました。」と表示された場合は、OKを選択して手順sb_icon_num_02からやり直してください。

4

  • 無線LAN端末でその他の設定が必要な場合には、画面表示に従って設定操作を行う

接続に成功すると、WEB UIのホーム画面に表示されるWi-Fi接続台数のカウントが1つ増えます。

LAN(DHCP)を設定する

LAN内の端末にIPアドレスを割り当てる機能を設定します。

ここで設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
IPアドレス 本機のプライベートIPアドレスを設定します。
サブネットマスク サブネットマスクを設定します。
VPNパススルー LAN内のプライベートIPアドレスを持ったVPNクライアントのパケットをインターネット側に通過させるかどうかを設定します。
DHCPサーバー DHCP機能を利用するかどうかを設定します。
DHCP IPプール 無線LAN端末に割り当てる最小と最大のIPアドレスを設定します。
DHCPリース時間 IPアドレスのリース時間を設定します。

1

  • 「設定」タブ
  • LAN Wi-Fi
  • LAN IPアドレス設定

2

  • 各項目を設定
  • 保存

確認画面が表示されます。

3

  • はい

本機が再起動して、DHCPが設定されます。

Wi-Fiスポットを設定する

Wi-Fiスポットの設定をONにすると、会社の無線LANルーターや公衆無線LANサービスを利用してWi-Fiでインターネット接続できます。

  • Wi-Fiスポット機能をONにしている場合、接続している無線LAN端末の接続数によっては、最大通信速度が低下する場合があります。

1

  • 「設定」タブ
  • Wi-Fiスポット

2

  • 「Wi-Fiスポット設定」をON
  • 保存

周囲にあるWi-Fiスポットのアクセスポイントの一覧が表示されます。

  • マルチSSID機能(SSID B)がONの状態で「Wi-Fiスポット」のONをクリックすると、お知らせ画面が表示されます。はいをクリックすると、マルチSSID機能(SSID B)が自動的にOFFになります。

3

  • 接続するアクセスポイントを接続

「モバイルネットワークとの接続が解除されます。続行しますか?」の確認画面が表示されます。はいをクリックするとパスワード(セキュリティキー)の入力画面が表示されます。

  • スキャンをクリックすると、周囲にあるWi-Fiスポットのアクセスポイントを再検索します。

4

  • パスワード(セキュリティキー)を入力
  • はい

選択したアクセスポイントに接続され、選択したアクセスポイントのWi-Fi名(SSID)の802zt_icon_043802zt_icon_021に変わります。ステータスバーには、ネットワーク状況のアイコンが802zt_icon_019から802zt_icon_020に変わり、無線LANの受信レベルアイコン802zt_icon_027が表示されます。

+Wi-Fiスポットで新規にネットワークに接続する

  • 「設定」タブ
  • Wi-Fiスポット
  • ネットワークを追加
  • Wi-Fi名(SSID)を入力
  • 認証方法や暗号化方式を選択して表示に従ってパスワード(セキュリティキー)を入力
  • 適用

入力したWi-Fi名(SSID)の機器と接続されます。

!Wi-Fiスポット設定変更時のご注意

無線LANで接続した端末から、WEB UIでWi-Fiスポットの設定を変更すると、無線LANの接続が切れることがありますのでご注意ください。

ソフトバンクWi-Fiスポットを設定する

ソフトバンクWi-FiスポットをONにすると、ソフトバンクWi-Fiスポットのサービスエリアに入ったときに自動で接続されます。

  • ソフトバンクWi-Fiスポット用パスワードは、ご契約時に設定した4桁の暗証番号です。

1

  • 「設定」タブ
  • Wi-Fiスポット

2

  • 「Wi-Fiスポット設定」のONを確認
  • ソフトバンクWi-Fiスポットの「Wi-Fiスポット設定」をON

3

  • ソフトバンクWi-Fiスポット用のパスワードを入力
  • 保存

ソフトバンクWi-Fiスポット設定が完了します。

接続先の優先度を設定する

接続先に優先順位を設定し、優先的に接続するアクセスポイントを指定できます。

1

  • 「設定」タブ
  • Wi-Fiスポット

接続済みのWi-Fiスポットの一覧が表示されます。

2

  • 「Wi-Fiスポット設定」のONを確認
  • 優先度管理

3

  • 優先度を変更したい接続先を選択
  • 上へ移動下へ移動

クリックすると接続先の位置が上下移動して優先度を設定します。

  • 接続先を編集する場合は、接続先を選択→編集→設定内容を編集→保存をクリックします。
  • 接続先を削除する場合は、接続先を選択→削除→はいをクリックします。

WPS機能対応のアクセスポイントと接続する

WPS機能対応のアクセスポイントと接続します。

  • 接続する前に、Wi-Fiスポット機能をONにしておいてください。
  • アクセスポイント端末の無線LAN機能をONにし、必要に応じてWPS設定の準備操作を行ってください。
  • WPS機能の設定方法は機器によって異なります。お使いのアクセスポイント端末に付属されている取扱説明書などを参照してください。

1

  • 「設定」タブ
  • Wi-Fiスポット

2

  • Wi-Fiスポット設定をON
  • 保存

3

  • 「Wi-FiスポットWPS」を接続

アクセスポイント端末からの接続を受け付ける状態になります。

4

  • 次の画面が表示されている間(120秒以内)に、アクセスポイント端末でWPS機能の接続設定を行う

  • 「WPS接続に失敗しました。」と表示された場合は、OKを選択して手順sb_icon_num_03からやり直してください。

5

  • アクセスポイント端末でその他の設定が必要な場合には、画面表示に従って設定操作を行う

アクセスポイントと接続されます。