1. 取扱説明書
  2. AQUOS ケータイ
  3. セキュリティ
  4. 本機の使用を禁止/制限する

本機の使用を禁止/制限する

いろいろなセキュリティ機能で、本機や本機内のデータを守ります。

本機の使用を禁止する(画面のロック)

本機を開いたときや画面を点灯させたときにロックNo.やパスワードを入力しないと本機が使用できないようにします。

  • ロックを解除していない状態でも「緊急発信」を選択して110番(警察)、119番(消防機関)、118番(海上保安本部)への電話はかけられます。

1

  • icn_button_center
  • 設定
  • ロック・セキュリティ
  • 画面のロック

画面のロック設定画面が表示されます。

2

  • ロックNo.パスワード
  • OK

  • すでにロックNo.またはパスワードを設定しているときは、ロックを解除する操作が必要です。

3

  • ロックNo./パスワードを入力
  • icn_button_center
  • ロックNo./パスワードを再度入力
  • icn_button_center
  • OK

本機をクローズポジションにしたり画面が消灯すると、画面がロックされます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

+画面のロック利用時の操作

画面ロックを解除する

  • ロック画面で設定したロックNo./パスワードを入力
  • icn_button_center
 

画面ロックの設定を解除する

  • 画面のロック設定画面で、ロックNo./パスワードを入力
  • icn_button_center
  • なし
  • はい

!画面ロックについてのご注意

画面ロック解除に設定したロックNo./パスワードはメモに控えるなどして、お忘れにならないようご注意ください。お忘れになった場合は、最寄りのソフトバンクショップにて所定の手続きが必要となります。その際、お客様が登録/設定した内容が消失しますのでご了承ください。

機能が電話帳にアクセスできるかどうか設定する(電話帳アクセスモニター)

機能が電話帳にアクセスすることを許可するかどうかを設定します。

1

  • icn_button_center
  • 設定
  • ロック・セキュリティ
  • 電話帳アクセスモニター

電話帳アクセスモニター画面が表示されます。

2

  • 機能を選択
  • icn_button_center

3

  • アクセスを許可するアクセスを禁止する
  • OK

設定が完了します。

  • ステータスバーに通知するにチェック(aquos-keitai_053表示)を入れると、機能が電話帳へアクセスしたとき、ステータスバーに通知マークが表示されるようになります。

機能の利用を制限する(アプリ起動制限)

機能ごとに制限をかけて利用できないように設定できます。

1

  • icn_button_center
  • 設定
  • ロック・セキュリティ
  • アプリ起動制限

  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。

2

  • 操作用暗証番号を入力
  • icn_button_center
  • icn_button_center

アプリ起動制限画面が表示されます。

3

  • アプリ起動制限aquos-keitai_088表示)
  • 機能を選択
  • icn_button_centeraquos-keitai_053表示)

機能の利用が制限されます。

  • 機能を選択→icn_button_centerを押すたびに、選択(aquos-keitai_053)/解除(aquos-keitai_054)が切り替わります。
  • 待受画面でicn_button_sextile(長押し)と操作してもアプリ起動制限のON/OFFを切り替えられます。
  • データフォルダを起動制限しても、ビデオカメラで撮影した直後の動画のプレビューは確認できます。

管理者が遠隔操作で本機のパスワードロックやデータ消去をできるように設定する(法人安心遠隔ロック)

  • 法人のお客様向けサービスとなります。ご利用いただく際には、別途お申し込みが必要です。詳しくは、ソフトバンクホームページを参照してください。

1

  • icn_button_center
  • サービス
  • 法人安心遠隔ロック

2

  • icn_button_browser(同意する)

3

  • 有効にする

ステータスバーにaquos-keitai_019が表示され、法人安心遠隔ロックが設定されます。

  • 管理者からの遠隔操作でパスワードロック、データ消去ができるようになります。
  • 以降の使いかたについては、管理者にお問い合わせください。