1. 取扱説明書
  2. AQUOS ケータイ2
  3. 準備/基礎知識
  4. 各部の名前とはたらき

各部の名前とはたらき

本体について

名称 説明
icn_decimal_01受話口/スピーカー 通話相手の声や音楽、動画、テレビなどの音声が聞こえます。
icn_decimal_02ディスプレイ 各種画面を表示します。
icn_decimal_03空気抜き穴 性能を保つための穴です。シールなどを貼り付けないでください。
icn_decimal_04タッチエリア タッチクルーザーEX利用時に指で触れてタッチパッドのように操作できます。
icn_decimal_05送話口/マイク 自分の声を通話相手に伝えたり、音声の録音時に使用したりします。
icn_decimal_06外部接続端子 ACアダプタやPC接続用microUSBケーブルを接続します。

名称 説明
icn_decimal_01お知らせランプ 充電中や電話/メールの着信、その他の通知が届くと光ってお知らせします。
icn_decimal_02サブディスプレイ 時計や電話/メールの着信などの通知アイコンを表示します。
icn_decimal_03ストラップ取り付け穴 ストラップを取り付けるための穴です。
icn_decimal_04充電端子(卓上ホルダー用) 卓上ホルダーでの充電時に接続します。
icn_decimal_05通信用内蔵アンテナ 通話時、インターネット利用時などに使用します。感度に影響しますので、シールなどを貼ったり手で覆ったりしないでください。
icn_decimal_06カメラ 静止画や動画を撮影します。
icn_decimal_07赤外線ポート 赤外線通信時に利用します。
icn_decimal_08電池カバー USIMカードやSDカード、電池パックの取り付け/取り外し時に取り外します。

iポジションについて

クローズポジション

2つ折りにした状態です。持ち運ぶときは、この状態にしてください。

 

オープンポジション

開いた状態です。ボタン操作や通話をするときは、この状態にしてください。

!受話口/スピーカーについてのご注意

通話時や留守録再生時など受話口に耳をあてて聞くとき以外は、耳を受話口に近づけないでください。受話口はスピーカーと兼用しており、突然の着信音やアラーム音などの鳴動により、聴力に悪い影響を与える可能性があります。なお、通話中のスピーカーホン切り替え直後もしくは通話終了直後は、耳元でスピーカーから大きな音が鳴らないよう、徐々に設定した音量まで上がります。

待受画面でのボタンのはたらき

ボタン(名称) 説明
icn_decimal_01icn_button_up(マルチガイド上ボタン) 待受画面の項目選択カーソルを表示
icn_decimal_02icn_button_left(マルチガイド左ボタン) 発信履歴を表示
icn_decimal_03icn_button_mail(メールボタン) メールメニューを表示、S!メール作成画面を表示(長押し)
icn_decimal_04icn_button_shortcut(お気に入り/文字ボタン) お気に入りリストを表示
icn_decimal_05icn_button_down(マルチガイド下ボタン) 電話帳を表示
icn_decimal_06icn_button_call(開始ボタン) ダイヤル画面を表示
icn_decimal_07icn_button_0icn_button_9(ダイヤルボタン) 電話番号入力
icn_decimal_08icn_button_sextileaquos-keitai2_icon_001ボタン) aquos-keitai2_icon_002」を入力、アプリ起動制限のON/OFFを切り替え(長押し)
icn_decimal_09icn_button_center(センターボタン) メインメニューを表示
icn_decimal_10icn_button_right(マルチガイド右ボタン) 着信履歴を表示
icn_decimal_11icn_button_browser(ブラウザボタン) ホームページを表示、ブラウザメニューを表示(長押し)
icn_decimal_12icn_button_side(サイドボタン) かんたん発信を起動(長押し)
icn_decimal_13icn_button_camera(カメラ/テレビボタン) カメラを起動、テレビを起動(長押し)
icn_decimal_14icn_button_clear(クリア/バックボタン) 簡易留守録リストを表示、簡易留守録を設定(長押し)
icn_decimal_15power(電源/終了ボタン) 待受画面の情報の表示/非表示、電源ON/電源OFFまたは再起動(長押し)、機内モードなどの設定表示(長押し)
icn_decimal_16icn_button_sharp(#ボタン) 「#」を入力、マナーモード設定/解除(長押し)
icn_decimal_17icn_button_raku1icn_button_raku2icn_button_raku3(クイック起動キー) あらかじめ登録してある機能を起動、履歴一覧画面の表示(icn_button_raku1長押し)、リラックス画質のON/OFFを切り替え(icn_button_raku2長押し)、Wi-FiのON/OFFを切り替え(icn_button_raku3長押し)

iマルチガイドボタンの表記について

ユーザーガイドではマルチガイドボタンを、次のように表記しています。

  • icn_button_upまたはicn_button_downを押すとき:icn_button_up-down
  • icn_button_leftまたはicn_button_rightを押すとき:icn_button_left-right
  • icn_button_upicn_button_downicn_button_lefticn_button_rightのいずれかを押すとき:icn_button_all

クローズポジションでのボタンのはたらき

名称 説明
icn_decimal_01クイックオープンボタン ボタンを押すと本機を開くことができます。
icn_decimal_02icn_button_side(サイドボタン) サブディスプレイ点灯、エモパーのお話しを停止、マナーモードON/OFF(長押し)

iクイックオープンボタンについて

ボタンを押すと本機を開くことができます。なお、ボタンを使用しないで、開くこともできます。

  • 本機を手に持って操作してください。本機を開くときに自分の顔、人や物などの近くで端末を開かないでください。また、開くときの反動で本機を落としたりしないようにご注意ください。
  • 本機の向きによっては、クイックオープンボタンを押しても完全に開かない場合があります。
  • 本機を閉じるときは手で閉じてください。閉じられない場合は、本機を完全に開いた状態にしてから、もう一度閉じてください。