1. 取扱説明書
  2. AQUOS sense basic
  3. 基礎知識/基本操作
  4. マナーモードを利用する

マナーモードを利用する

周囲に迷惑がかからないよう、着信音や操作音などが鳴らないように設定できます。

マナーモードの種類について

設定できるマナーモードの種類は次のとおりです。

マナーモード 説明
通常マナー 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータが動作します。アラーム音の鳴動については、aquos-sb_icon_042(時計)の設定に従います。メディア音は鳴ります。
サイレント 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータも動作しません。アラーム音やメディア音も鳴りません。
アラームのみ 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータも動作しません。アラーム音、メディア音は鳴ります。
優先する通知のみ 詳細設定優先する通知のみを許可の設定に従って、着信音やお知らせ音が鳴ります。その他の動作については、マナーモードを設定していないときと同様です。詳しくは「音の設定」を参照してください。

マナーモードを設定する

マナーモードを設定していても、カメラ撮影時のシャッター音、動画撮影時の撮影開始/終了音などは鳴ります。

1

  • ステータスバーを2本の指で下にドラッグ

クイック設定パネルが表示されます。

2

  • マナーモード

マナーモード設定画面が表示されます。

3

  • aquos-sb_icon_006
  • 通常マナーサイレントアラームのみ優先する通知のみ
  • 完了

マナーモードが設定されます。

i音量Up/Downキーの操作によるマナーモード操作について

音量Up/Downキーを使用して以下の操作ができます。

  • マナーモード設定中に音量Up/Downキーを押して音量バーを表示させ、OFFにするをタップすると、マナーモードが解除されます。aquos-sb_icon_066をタップすると、メディア音量など、すべての音量バーが表示されます(マナーモードの種類によっては音量バーが操作できない場合があります)。
  • マナーモードを設定していないときに、音量Downキーを押し続けると、通常マナーに設定されます。さらに音量Downキーを押すと、サイレントに設定されます。
  • サイレント、アラームのみを設定中に、音量Up/Downキーを押して音量バーを表示させてから音量Upキーを押すと、通常マナーに設定されます。さらに音量Upキーを押すと、マナーモードが解除されます。

+マナーモード設定時の操作

マナーモードを解除する

  • 通知パネルでaquos-sb_icon_255aquos-sb_icon_256aquos-sb_icon_257aquos-sb_icon_258
  • マナーモード設定画面でマナーモードaquos-sb_icon_007aquos-sb_icon_006表示)→完了と操作しても、解除できます。
 

一定時間経過後にマナーモードを自動で解除するように設定する

  • マナーモード設定画面でをタップして解除するまでの時間を設定
  • 完了
  • マナーモードを OFF にするまでをタップすると、手動で解除するまでマナーモードが有効になります。