1. 取扱説明書
  2. AQUOS sense basic
  3. Wi-Fi/接続
  4. USBホスト機能を利用する

USBホスト機能を利用する

USBホスト機能について

本機にはUSBホスト機能が搭載されています。市販の周辺機器接続用USB Type-Cケーブルを外部接続端子に接続することで、市販のUSB機器を利用することができます。

1

  • 本機の外部接続端子に、周辺機器接続用USB Type-CケーブルのUSB Type-Cプラグを差し込む

2

  • 周辺機器接続用USB Type-CケーブルのUSB端子に、USB機器のUSBプラグを差し込む

接続が完了します。

+USBドライブを取り外す

USBドライブを本機から取り外す前に、次の操作を行ってください。

  • ホーム画面でお気に入りトレイを上にフリック
  • aquos-sb_icon_001(設定)
  • ストレージ
  • USBドライブのaquos-sb_icon_003
  • 上記の操作を行わずにUSBドライブを取り外した場合、データが消失したりUSBドライブが故障する可能性があります。

?こんなときは

Q.USBホスト機能を利用できない
A.電池残量が少ないときは、USBホスト機能を利用できません。USBホスト機能を使用する前に本機を充電してください。

!USBホスト機能利用時のご注意

接続時のご注意

接続時は、次の点にご注意ください。

  • すべてのUSB機器との接続を保証するものではありません。
  • 電池残量が少なくなったり、本機の温度が低下するとUSB機器の接続を解除します。USBドライブなどへのファイルのコピー・移動中に接続が解除された場合、コピー・移動途中のファイルがUSBドライブ上に残ってしまう可能性があります。移動元のファイルが消えることはありません。
  • USBホスト機能の利用中はプロセッサの動作を一時的に制限するため、動作が遅くなる場合があります。
 

消費電力の大きいデバイスとの接続について

消費電力の大きいデバイス(ポータブルハードディスクドライブなど)を接続する際には、本機の動作状態、電池残量、周囲温度によっては自動的に本機の電源が切れる場合があります。セルフパワー対応(ACアダプタから電源供給)のUSBハブを使用してください。