1. 取扱説明書
  2. DIGNO® G
  3. 基礎知識/基本操作
  4. アプリケーション初回起動時の確認画面について

アプリケーション初回起動時の確認画面について

アプリケーションをはじめて起動したときは、動作について設定が必要になります。

アプリケーションに必要な許可を設定する

アプリケーションによって、表示される確認画面の種類や内容は異なります。

ここでは、digno-g_icon_023(メール)をはじめて起動したときの操作を例に説明します。

  • 機能の利用を許可しなかった場合、アプリケーションが正常に動作しないことがあります。

1

  • ホーム画面でdigno-g_icon_001

アプリ一覧画面が表示されます。

2

  • digno-g_icon_023(メール)

3

  • 許可しない許可

設定が完了します。

  • 通常は許可を選択し、機能の利用を許可してください。
  • 利用する機能が複数ある場合、以降も同様に操作してください。

+その他の方法でアプリケーションに必要な許可を設定する

アプリケーションごとに利用する機能を設定する

  • ホーム画面でdigno-g_icon_001(アプリ一覧)
  • digno-g_icon_005(設定)
  • アプリ
  • アプリケーションをタップ
  • 権限
  • 機能をタップ
  • 機能をタップするたびに、有効(digno-g_icon_024)/無効(digno-g_icon_021)が切り替わります。
 

機能ごとに利用を許可するアプリケーションを設定する

  • ホーム画面でdigno-g_icon_001(アプリ一覧)
  • digno-g_icon_005(設定)
  • アプリ
  • digno-g_icon_025
  • アプリの権限
  • 機能をタップ
  • アプリケーションをタップ
  • アプリケーションをタップするたびに、有効(digno-g_icon_024)/無効(digno-g_icon_021)が切り替わります。