1. 取扱説明書
  2. Libero 2
  3. 基礎知識/基本操作
  4. 基本的な操作のしくみ

基本的な操作のしくみ

ホーム画面とランチャー画面

本機のおもな操作は、電源を入れると表示される「ホーム画面」と、アプリケーションを一覧表示した「ランチャー画面」から行います。

ナビゲーションバー

画面下部のアイコンが表示されている領域を「ナビゲーションバー」と呼びます。アイコンをタップして操作できます。

名称 説明
back(戻る) 前の画面に戻ります。キーボード表示時にタップするとキーボードを閉じます。
home(ホーム) ホーム画面を表示します。
icn_button_recent.(履歴) 最近使用したアプリケーションを一覧表示し、起動や一覧からの削除ができます。

項目選択と画面移動

項目やアイコン、画面のキーなどをタップすると、該当する操作の画面に移動します。

  • 1つ前の画面に戻るときは、backをタップします。

メニュー操作

libero2_icon_188をタップすると、その画面で利用できる機能の設定や項目が画面に表示されます。

また、画面をロングタッチすると利用できる設定や項目が表示される画面もあります。

端末設定と設定操作

ホーム画面でlibero2_icon_001(アプリ一覧)→libero2_icon_049(設定)をタップすると、本機の各機能のはたらきをカスタマイズできます。

縦画面と横画面

本機を横向きに回転させると、表示画面も横表示に切り替わります。

  • 表示中の画面によっては、本機の向きを変えても横表示されない場合があります。

画面の検索を利用する

homeをロングタッチすると、画面に表示されている内容に関連した情報を表示することができます。

  • 初回起動時は、画面の指示に従って画面の検索を有効にします。

+画面の検索を無効にする

  • ホーム画面でlibero2_icon_001(アプリ一覧)
  • libero2_icon_027(Google)
  • libero2_icon_192
  • 設定
  • 画面の検索
  • 「ホームボタンを押し続けたときや音声での検索時に画面の内容に関連する情報を表示するようGoogleに指示します」のlibero2_icon_374libero2_icon_373表示)
  • 画面の検索を無効にすると、homeをロングタッチしたときにフィードが表示されます。フィードについて詳しくは、「Google検索を利用する」を参照してください。

スクリーンショットを撮影する

電源キーと音量大小キーの下を同時に長押しすると、表示されている画面のスクリーンショットを撮影できます。

  • 撮影したスクリーンショットは、フォトの「Screenshots」アルバムなどから確認することができます。