1. Pepper for Biz
  2. Pepper for Biz 取扱説明書
  3. お仕事をさせる
  4. 各種機能(管理者)

2017年11月30日に『お仕事かんたん生成2.0』をリリースしました。
お仕事かんたん生成2.0』を利用する場合は、基本設定画面でアプリをアップデートしてください。

各種機能(管理者)

お仕事かんたん生成でお仕事を作成するには、各タスクを順番に設定していきます。各タスクの詳細については次を参照してください。

呼び込み/待機

お客様へ「呼び込み/待機」のどちらかを実施します。
「呼び込み」を選択した場合は、遠くにいるお客様にも会社名や店舗名を名乗って声かけをします。
「待機」を選択した場合は、人との距離が1.2m以内になるまで静かに待ちます。
※「受付」テンプレートの場合は「お声がけ/待機」と表記されます。

呼び込み/待機選択画面(「接客」テンプレートの場合)

「呼び込み」/「待機」選択
「呼び込み」と「待機」どちらを実施するか選択できます。
次へ進む
次のタスクに進みます。
呼び込み/待機画面(「接客」テンプレートの場合)

画面例:「接客」テンプレートで「呼び込み」を選択した場合の画面です。
画像・テキスト変更
「呼び込み」または「待機」のときにディスプレイに表示する画像を変更できます。
デフォルト画像を使用する場合は、トーク時にディスプレイに表示するテキストを変更することができます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
次へ進む
次のタスクに進みます。
トーク・パターン
呼び込み時に、トーク・パターンの中からランダムで話します。
トーク・パターンをクリックすると、Pepperが話す内容がプレビューに表示されます。※「呼び込み」選択時のみ
フリートーク・パターン
呼び込み時に、トーク・パターンの内容を話したあとに、フリートーク・パターンの中からランダムで話します。
をクリックすると、話す内容を編集できます。※「呼び込み」選択時のみ
呼び込み画面(「フリー」テンプレートの場合)

画面例:「フリー」テンプレートで「呼び込み」を選択した場合の画面です。
画像・テキスト変更
「呼び込み」または「待機」のトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
「呼び込み」を選択した場合のみ、トーク時にディスプレイに表示するテキストを変更することができます。
表示されるテキストは、選択した言語毎に順番に表示されます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
トーク・パターン変更
④で選択したトーク・パターンを変更できます。
次へ進む
次のタスクに進みます。
「言語の選択・並び替え」を参照すると言語が設定ができます。設定した言語を順番に発話します。
トーク・パターン
呼び込み時に、トーク・パターンの中からランダムで話します。
トーク・パターンをクリックすると、Pepperが話す内容がプレビューに表示されます。
選択した言語に対応するトーク・パターンは設定が必要です。未設定の言語があると「未完了」と表示されます。
をクリックすると話す内容を編集できます。

・「言語の選択・並び替え」

言語選択
④で選択したトーク・パターンを変更できます。
並び替え
言語の順番を上下に移動します。上の方が先に発話されます。

挨拶

人との距離が1.2m以内のときに、会社名や店舗名を名乗って挨拶をします。

挨拶画面(「接客」/「受付」テンプレートの場合)

画面例:「接客」テンプレートの画面です。
画像変更
「接客」テンプレートの場合、挨拶・つかみトーク・締めトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
「受付」テンプレートの場合、挨拶・締めトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
次へ進む
次のタスクに進みます。
名称を入力する
挨拶・締めトーク時に呼ぶお店や会社の名前を編集できます。
トーク・パターン
挨拶時に、トーク・パターンの中からランダムで話します。
トーク・パターンをクリックすると、Pepperが話す内容がプレビューに表示されます。
挨拶画面(「フリー」テンプレートの場合)

ディスプレイ
挨拶・締めトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
フリートーク
⑤で選択したトーク・パターンを変更できます。
次へ進む
次のタスクに進みます。
言語の選択・並び替え
使用する言語を選び、発話順を設定できます。
フリートークの設定
挨拶時に、トーク・パターンの中からランダムで話します。
トーク・パターンをクリックすると、Pepperが話す内容がプレビューに表示されます。
選択した言語に対応するトーク・パターンは設定が必要です。未設定の言語があると「未完了」と表示されます。
をクリックすると話す内容を編集できます。

・「言語の選択・並び替え」

使用する言語を選び、発話順を設定できます。

選択した言語ごとにフリートークの内容を編集します。セリフが入力されない言語がある状態で、OKボタンを押すと未完了と表示されます。

つかみトーク

天気などの簡単な会話をします。

つかみトーク画面

画像変更
挨拶・つかみトーク・締めトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
次へ進む
次のタスクに進みます。
質問に対する回答
回答に応じてPepperの話す内容がトーク欄に表示されます。

受付

社員名や部署名から内線番号を検索して表示します。
内線番号は、CSVファイルを利用して一括登録できます。
 

受付画面
①が「受付サンプルを参照する」の場合

①が「受付1(連絡先検索)」の場合

①が「受付2(連絡先一覧)」の場合

受付内容の設定
受付パターンを設定します。訪問先の検索方法を設定する場合は「受付1(連絡先検索)」または「受付2(連絡先一覧)」を選択してください。
ファイルを選択
CSVファイルを選択します。
アップロード
訪問先の連絡先リストのCSVファイルをアップロードします。
連絡先は、最大で1000件まで登録できます。
テンプレートのダウンロード
連絡先リストのCSVファイルのテンプレートをダウンロードします。テンプレートはUTF-8版とSHIFT-JIS版を選択できます。
担当者が見つからない場合のトーク
「受付1(連絡先検索)」を選択した場合に、担当者が見つからなかった場合のトークを設定できます。

 受付1(連絡先検索)を利用する場合のCSV形式について

「受付1(連絡先検索)」では社員名を検索することができます。
CSVをあらかじめ以下の形式で作成しておいてください。

①名前、②ふりがな、⑤内線番号 or ⑥携帯電話番号は必須です。

 
CSVに登録した語句は、次のように表示されます。
 

検索結果画面

詳細画面

  • CSVの文字コードは「UTF-8」または「SHIFT-JIS」をテンプレートに合わせて選択してください。
  • 推奨文字数は以下の通りとなります。
    名前:全角12文字
    ふりがな:全角30文字
    部署名:全角12文字
    課名:全角12文字
    内線番号:半角13文字
    携帯電話番号:半角13文字
第三水準漢字、JIS第四水準漢字の一部、及び下記の記号(半角)は使用できません。
& < > ; : / ¥ ’ ”

 受付2(連絡先一覧)を利用する場合のCSV形式について

「受付2(連絡先一覧)」では部署名を検索することができます。
CSVをあらかじめ以下の形式で作成しておいてください。

※①部署名、③内線番号は必須です。
 
CSVに登録した語句は、次のように表示されます。
 

部署名一覧画面

一覧画面
  • 課名ありの場合

  • 課名なしの場合

  • CSVの文字コードは「UTF-8」または「SHIFT-JIS」をテンプレートに合わせて選択してください。
  • 推奨文字数は以下の通りとなります。
    部署名:全角20文字
    課名:全角7文字
    内線番号:半角13文字
第三水準漢字、JIS第四水準漢字の一部、及び下記の記号(半角)は使用できません。
& < > ; : / ¥ ’ ”

メニュー(接客/受付テンプレート)

複数のタスクを選択し、メニューとして表示します。実行するタスクを、メニュー画面からお客様自身に選んでもらいます。これにより、お客様とさまざまなコミュニケーションを取ることができます。
ロボアプリ配信管理を利用すると、あらかじめ用意されたロボアプリや、自社開発したロボアプリをメニューに組み込むことができます(⇒コチラ)。
 
接客および受付テンプレートのメニューに組み込むタスクは、次の中から選択します。

  • ご案内
  • アンケート
  • サービス紹介(受付のみ)
  • 商品紹介(接客のみ)
  • 性格診断商品紹介(接客のみ)
  • ちょっとおしゃべり※1
  • 遊ぶ※2
  • マイアプリ3
※1「「ちょっとおしゃべり」は、お客様がメニュー画面から選択することで始まる会話です。
※2「遊ぶ」は、お客様自信がロボアプリを選択してPepperとコミュニケーションを取るタスクです。お客様が「遊ぶ」を選択すると、ロボアプリ一覧画面が表示されます。ロボアプリ一覧画面に表示するロボアプリは、事前にロボアプリ配信管理のアプリリストから、利用したいロボアプリを選んで配信する必要があります(⇒コチラ)。アプリリストには、あらかじめロボアプリが用意されています。
※3「マイアプリ」を設定することで、基本アプリ、マーケットアプリ、自社開発したアプリをタスクとして利用できます。マーケットアプリ及び自社開発したアプリについては、事前にロボアプリ配信管理を利用して、ロボアプリを配信してください。

1

  • メニューに追加するタスク(アプリ)を④から選択
  • メニューパートでディスプレイに表示するタスクを設定します。

画面例:「接客」テンプレートの画面です。
ロゴ
メニューに表示するロゴを設定できます。
配置変更・削除
クリックするとタスクの配置変更・削除ができます(⇒コチラ)。
タスク
Pepperに追加できるタスク一覧です。
クリックするとタスクを追加できます。
追加するタスクの数によって、Pepperのディスプレイに表示されるメニュー画面のレイアウトが変わります(⇒コチラ)。
完了してステップ2へ
設定が完了したらクリックして、手順2へ進んでください。
  • 「マイアプリ」は各テンプレートで複数選択できます。

2

  • タスクの名前/内容を編集する

画面例:「接客」テンプレートの画面です。
次へ進む
次のタスクに進みます。
名前
タスクにカーソルを乗せると表示されます。
クリックすると、ディスプレイに表示するタスクの名前を編集できます。
編集
タスクにカーソルを乗せると表示されます。
クリックすると、タスクの内容を編集できます。各タスクの編集内容について詳しくは、「タスクの内容を編集する」を参照してください。
マイアプリを利用するためには、マイアプリのビヘイビアパスをこちらの「編集」で登録する必要があります。マイアプリの「編集」をクリックしたあと、ビヘイビアパスを入力し、「OK」をクリックしてください。

ビヘイビアパスは、アプリ開発者によって設定されます。
Pepperのロボアプリ開発ツールであるChoregraphe上で確認可能ですので、アプリ開発者へお問い合わせください。
  • ビヘイビアパスが間違って入力されてもエラーは出ませんので、注意して入力してください。
  • お仕事中のメニュー画面で、間違ったビヘイビアパスが入力されたマイアプリをタッチすると、他の項目を選ぶように促されます。正しくマイアプリを利用するためには、こちらの「編集」でビヘイビアパスを再度設定してください。

 タスクの内容を編集する

商品紹介/サービス紹介の編集について

設定した文言の発話と画像を使ってオススメ商品をご案内するタスクです。「接客」/「受付」テンプレートで利用できます。

画面例:「接客」テンプレートの画面です。
画像変更
紹介時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
画像の説明変更
画像表示時に説明する文を設定できます。
サウンド変更
紹介時に鳴らす音を選択できます。
保存する(メニューへ戻ります)/保存しない(メニューへ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
画像を追加
クリックすると、画像を追加できます。
画像1から順番にPepperが紹介します。
性格診断商品紹介の編集について

4つの質問で性格診断し、4タイプの性格の診断結果に応じて商品を提案するタスクです。「接客」テンプレートで利用できます。

商品名
③で選択した性格の診断結果で表示する商品名を変更できます。
画像変更
③で選択した性格の診断結果で表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
診断結果の選択
クリックすると、各診断結果で紹介する商品名と画像がプレビューに表示されます。
保存する(メニューへ戻ります)/保存しない(メニューへ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
アンケートの編集について

設定した内容でアンケートを行うタスクです。「接客」/「フリー」テンプレートで利用できます。

画面例:「接客」テンプレートの画面です。
アンケート変更
質問と選択肢の内容を変更できます。選択肢は最大4つまで設定できます。
「質問文」/「選択肢1」~「選択肢4」の内容を入力して「OK」をクリックすると、入力した内容が反映されます。
保存する(メニューへ戻ります)/保存しない(メニューへ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
アンケートを追加する
クリックすると、アンケートを2つまで追加できます。追加したアンケートごとに、①~②を設定してください。

メニュー(フリーテンプレート)

1

 「言語設定」について

フリーテンプレートでは、ディスプレイに表示するメニューの言語を日本語・英語・中国語から1つ以上選択できます。

次へ進む
メニューの設定が全て終了している場合、締めトークに進みます。
言語の選択・並び替え
メニュー表示時にPepperが発話する言語およびディスプレイの表示言語を指定します。
フリートークの設定
メニュー開始時と戻り時のセリフを設定します。フリートークの名前を選択すると、左側のプレビューに表示されます。
をクリックすると話す内容を編集できます。

「言語の選択・並び替え」をクリックした場合

・「言語の選択・並び替え」

言語選択
使用する言語をONにします。
並び替え
言語の順番を上下に移動します。上の方が先に発話されます。

「フリートークの設定」をクリックした場合

使用する言語ごとにセリフを設定します。セリフが設定されていない言語がある場合、未完了と表示されます。

2

 「ステップ1」について

言語設定で設定した言語ごとに複数のタスクを選択し、メニューとして表示します。実行するタスクを、メニュー画面からお客様自身に選んでもらいます。これにより、お客様とさまざまなコミュニケーションを取ることができます。
ロボアプリ配信管理を利用すると、あらかじめ用意されたロボアプリや、自社開発したロボアプリをメニューに組み込むことができます(⇒コチラ)。
 
フリーテンプレートのメニューに組み込むタスクは、次の中から選択します。

  • アンケート
  • プレゼン
  • 2択診断
  • ちょっとおしゃべり1
  • 遊ぶ2
  • マイアプリ3
※1「「ちょっとおしゃべり」は、お客様がメニュー画面から選択することで始まる会話です。
※2「遊ぶ」は、お客様自信がロボアプリを選択してPepperとコミュニケーションを取るタスクです。お客様が「遊ぶ」を選択すると、ロボアプリ一覧画面が表示されます。ロボアプリ一覧画面に表示するロボアプリは、事前にロボアプリ配信管理のアプリリストから、利用したいロボアプリを選んで配信する必要があります(⇒コチラ)。アプリリストには、あらかじめロボアプリが用意されています。
※3「マイアプリ」を設定することで、基本アプリ、マーケットアプリ、自社開発したアプリをタスクとして利用できます。マーケットアプリ及び自社開発したアプリについては、事前にロボアプリ配信管理を利用して、ロボアプリを配信してください。
  • メニューに追加するタスク(アプリ)を④から選択
  • メニューパートでディスプレイに表示するタスクを設定します。

ロゴ
メニューに表示するロゴを設定できます。
配置変更・削除
クリックするとタスクの配置変更・削除ができます(⇒コチラ)。
言語設定へ
言語設定画面に戻ります。
タスク
Pepperに追加できるタスク一覧です。
クリックするとタスクを追加できます。
追加するタスクの数によって、Pepperのディスプレイに表示されるメニュー画面のレイアウトが変わります(⇒コチラ)。
完了してステップ2へ
設定が完了したらクリックして、手順2へ進んでください。
  • 「マイアプリ」は各テンプレートで複数選択できます。

3

 「ステップ2」について

  • タスクの名前/内容を編集する

次へ進む
次のタスクに進みます。
名前
タスクにカーソルを乗せると表示されます。
クリックすると、ディスプレイに表示するタスクの名前を編集できます。
編集
タスクにカーソルを乗せると表示されます。
クリックすると、タスクの内容を編集できます。各タスクの編集内容について詳しくは、「タスクの内容を編集する」を参照してください。
言語設定へ
言語設定へ戻ります。
完了してステップ2へ
ステップ2へ進みます
ステップ1へ戻る
ステップ1へ戻ります。

マイアプリの「設定」をクリックした場合

マイアプリを利用するためには、マイアプリのビヘイビアパスをこちらの「編集」で登録する必要があります。マイアプリの「編集」をクリックしたあと、ビヘイビアパスを入力し、「OK」をクリックしてください。

ビヘイビアパスは、アプリ開発者によって設定されます。
Pepperのロボアプリ開発ツールであるChoregraphe上で確認可能ですので、アプリ開発者へお問い合わせください。
  • ビヘイビアパスが間違って入力されてもエラーは出ませんので、注意して入力してください。
  • お仕事中のメニュー画面で、間違ったビヘイビアパスが入力されたマイアプリをタッチすると、他の項目を選ぶように促されます。正しくマイアプリを利用するためには、こちらの「編集」でビヘイビアパスを再度設定してください。

4

 タスクの内容を編集する

アンケートの編集について

言語設定へ
言語設定画面に戻ります。
トーク
アンケート開始/終了時のトークと、アンケート表示時のトークを変更します。
アンケート
質問と選択肢の内容を変更できます。選択肢は最大4つまで設定できます。
「質問文」/「選択肢1」~「選択肢4」の内容を入力して「OK」をクリックすると、入力した内容が反映されます。
保存する(ステップ2へ戻ります)/保存しない(ステップ2へ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
クリックすると、アンケートを2つまで追加できます。追加したアンケートごとに、②~③を設定してください。
プレゼンの編集について

言語設定へ
言語設定画面に戻ります。
説明
プレゼン開始/終了時に説明する内容や、画像へのつなぎ/表示時の説明内容を変更できます。
ディスプレイ
プレゼン時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
サウンド
プレゼン時に鳴らす音を選択できます。
保存する(ステップ2へ戻ります)/保存しない(ステップ2へ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
画像を追加する
クリックすると、画像を2枚まで追加できます。追加した画像ごとに②~④の内容を設定できます。
2択診断の編集について

言語設定へ
2択診断で発話する内容を変更できます。
トーク
質問と2択の選択肢の内容を変更できます。
「質問文」/「選択肢1」/「選択肢2」の内容を入力して「OK」をクリックすると、入力した内容が反映されます。
質問・選択肢
 質問と2択の選択肢の内容を変更できます。
「質問文」/「選択肢1」/「選択肢2」の内容を入力して「OK」をクリックすると、入力した内容が反映されます。
保存する(ステップ2へ戻ります)/保存しない(ステップ2へ戻ります)
編集した内容を保存して/保存せずに、前の画面に戻ります。
ナビゲーション
メニュー内でのタスクの登録順が表示されます。
選択肢1の設定/選択肢2の設定
選択肢1/選択肢2が選ばれたときの、トーク内容と表示する画像を設定できます。

 タスクの並び替えと削除について

タスクの並び替えと削除ができます。

※画面例:「接客」テンプレートの画面です。
並び替え
タスクをドラッグ&ドロップすることで、タスクの並び替えができます。
削除
タスク右上のをクリックすると、ディスプレイからタスクを削除できます。

締めトーク

メニュー画面の「終了」をタッチしたときに挨拶をします。
 

締めトーク画面(「接客」テンプレートの場合)

次へ進む
次のタスクに進みます。
名称を入力する
挨拶・締めトーク時に呼ぶお店や会社の名前を編集できます。
質問に対する回答
回答に応じてPepperの話す内容がトーク欄に表示されます。
締めトーク画面(「受付」テンプレートの場合)

次へ進む
次のタスクに進みます。
業務紹介
締めトーク時に、業務やサービス内容を話します。
クリックすると、話す内容を選択できます。
③に名称を入力しているときに利用できます。
名称を入力する
締めトーク時に呼ぶお店や会社の名前を編集します。
編集した内容は、挨拶タスクにも反映されます。
画像変更
締めトーク時にディスプレイに表示する画像を変更できます。
画像のファイル形式はjpeg、png、bmp、gifに対応しています。
※「ディスプレイ」の画像が設定されていない場合、締めトーク時の「名称」の設定内容は反映されません。
締めトーク画面(「フリー」テンプレートの場合)

次へ進む
完了に進みます。
フリートークの設定
締めトーク時に、トーク・パターンの内容を話します。
をクリックすると話す内容を編集できます。