1. Pepper for Biz
  2. Pepper for Biz 取扱説明書
  3. インタラクション分析を利用する
  4. 取得したデータを閲覧する

2017年11月30日に『お仕事かんたん生成2.0』をリリースしました。
お仕事かんたん生成2.0』を利用する場合は、基本設定画面でアプリをアップデートしてください。

取得したデータを閲覧する

取得したデータを閲覧するには専用ウェブ画面で操作を行います。

1

2

  • SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)作成時に登録したメールアドレスとパスワード(⇒コチラ)を入力し、「サインイン」をクリック

インタラクション分析のサマリ画面が表示されます。

サマリ画面の見かた

サマリ画面では各Pepperのタスク起動回数、インタラクション人数を閲覧することができます。

SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)に登録されている管理者の名前が表示されます。
詳細画面を表示します。
より詳細なデータを閲覧することができます。
CSVにエクスポートすることができます。
データを取得する期間を設定します。をクリックするとカレンダーから日付を設定できます。
設定が完了したら「セット」をクリックすると表示に反映されます。
③で指定した期間での各Pepperのタスク起動回数と、インタラクション人数を表示します。

詳細なデータを閲覧する

詳細画面では、利用状況、利用者情報、アドバンスのデータを閲覧することができます。

1

  • サマリ画面で「詳細へ」をクリック

詳細画面が表示されます。

2

  • 「利用状況」/「利用者情報」/「アドバンス」をクリック

利用状況画面/利用者情報画面/アドバンス画面が表示されます。

 利用状況画面の見かた

利用状況画面では、タスク起動回数、インタラクション人数のデータを閲覧することができます。
お仕事かんたん生成で作成したタスク名は、インタラクション分析で表示されるタスク名と表示が異なります。インタラクション分析とお仕事かんたん生成の対応表は「インタラクション分析対応表の見かた」をご確認ください。

CSVにエクスポートすることができます。
タスク/性別/年齢層ごとに、プルダウンでデータの絞り込み条件を設定します。
設定した条件は自動的に表示に反映されます。
データを取得する期間を設定します。をクリックするとカレンダーから日付を設定できます。
設定が完了したら「セット」をクリックすると表示に反映されます。
設定した条件を適用したデータが表示されます。
「時」/「日」/「週」/「月」をクリックすると、条件に合わせて表示を切り替えることができます。

※インタラクション人数の算出方法

  • グラフの縦軸の数値
    グラフの横軸の各時点で検知したユニークユーザー数(同一人物はカウントしない人数)
  • 指定期間でのインタラクション人数の数値
    指定した全期間でのユニークユーザー数
  • 例えば、インタラクション人数を週単位で表示した場合、毎日、同一人物が5人検知されていれば、グラフの縦軸の各日の数値が5人となり、指定期間でのインタラクション人数の数値も5人となります。

 利用者情報画面の見かた

利用者情報画面では、年齢層、性別、感情のデータを閲覧することができます。

CSVにエクスポートすることができます。
タスク/性別/年齢層ごとに、プルダウンでデータの絞り込み条件を設定します。
設定した条件は自動的に表示に反映されます。
データを取得する期間を設定します。をクリックするとカレンダーから日付を設定できます。
設定が完了したら「セット」をクリックすると表示に反映されます。
設定した条件を適用したデータが表示されます。
「年齢0-14」や「女性」、「ネガティブ」などの凡例をクリックすると、表示のON/OFFを切り替えられます。

 アドバンス画面の見かた

アドバンス画面では、指定した条件が発生した回数を閲覧することができます。

CSVにエクスポートすることができます。
タスク/性別/年齢層ごとに、プルダウンでデータの絞り込み条件を設定します。
設定した条件は自動的に表示に反映されます。
データを取得する期間を設定します。をクリックするとカレンダーから日付を設定できます。
設定が完了したら「セット」をクリックすると表示に反映されます。
指定データの起動回数が表示されます。
性格診断商品紹介の診断結果や、アンケートの回答結果などが確認できます。
指定データごとのユーザーの感情が表示されます。
表示される指定データは、④でグラフが表示されているものに限ります。
「ポジティブ」/「ネガティブ」/「ニュートラル」/「不明」をクリックすると、表示のON/OFFを切り替えられます。