1. ホーム
  2. 基礎知識/基本操作
  3. 基本的な操作のしくみ

基本的な操作のしくみ

ホーム画面とランチャー画面

本機のおもな操作は、電源を入れると表示される「ホーム画面」と、ホーム画面でアプリケーションを一覧表示した「ランチャー画面」から行います。

ナビゲーションバーの操作

ホーム画面やランチャー画面、各アプリケーション画面で、常に操作アイコンが表示されている領域を「ナビゲーションバー」と呼びます。どの画面からでもナビゲーションバーを操作することができます。

名称 説明
icn_decimal_01ホームボタン(home ホーム画面が表示されます。ロングタッチすると、最近使用したアプリケーションが表示されます。また、ロングタッチしたまま202F_icon_411までスライドして指を離すと、音声アシストやGoogle検索を利用できます。
icn_decimal_02戻るボタン(back 前の画面に戻ります。文字入力画面表示時は202F_icon_320の表示に変わり、タップすると文字入力画面を閉じます。
icn_decimal_03メニューボタン(MENU 表示中の画面に応じたメニュー画面が表示されます。
icn_decimal_04スライドディスプレイボタン1202F_icon_016202F_icon_307 202F_icon_016をタップすると表示画面が下にスライドします。202F_icon_307をタップすると全画面表示に戻ります。
スライドディスプレイについては「スライドディスプレイについて」を参照してください。

1ディスプレイの設定で「スライドディスプレイ」を「ON」に設定したときに表示されます。お買い上げ時は「ON」に設定されています。

項目選択と画面移動

項目やアイコン、画面のキーなどをタップすると、該当する操作の画面に移動します。

  • 1つ前の画面に戻るときは、backをタップします。

メニュー操作

MENUをタップすると、その画面で利用できる機能の設定や項目が画面に表示されます。

  • 画面をロングタッチすると利用できる設定や項目が表示される画面もあります。

端末設定と設定操作

ホーム画面でMENU→本体設定をタップすると、本機の各機能のはたらきをカスタマイズできる設定メニュー画面を表示することができます。

  • 確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。

縦画面と横画面

本機を横向きに回転させると、表示画面も横表示に切り替わります。

  • 横表示に切り替えるかどうかは、「ディスプレイの設定」の「画面の自動回転」で設定できます。
  • 表示中の画面によっては、本機の向きを変えても横表示されない場合があります。
  • ホーム画面やランチャー画面、ロック画面は、「画面の自動回転」の設定にかかわらず、卓上ホルダーで充電中のみ横画面になります。

スクリーンショットを撮影する

powericn_button_downを同時に長押しすると、表示されている画面のスクリーンショットを撮影できます。また、キャプメモを利用して画面のスクリーンショットを撮影することもできます。キャプメモの操作については、「キャプメモを利用する」を参照してください。

  • 撮影したスクリーンショットは、ギャラリーの「スクリーンショット」アルバムなどから確認することができます。
  • テレビ視聴画面など、アプリケーションや機能によってはスクリーンショットを撮影できない場合があります。