1. 取扱説明書
  2. DIGNO® ケータイ
  3. カメラ/画像編集
  4. カメラの設定を変更して撮影する

カメラの設定を変更して撮影する

撮影モードを切り替える

撮影環境や被写体に合わせて撮影モードを切り替えることができます。

モード 説明
モード(通常) 通常撮影を行うモードです。
モード(連写) 連写撮影を行うモードです。
モード(シーン) シーンを設定できます。
モード(エフェクト) エフェクトを設定できます。
モード(タイムラプス) タイムラプスムービー撮影を行うモードです。

1

  • icn_button_camera

撮影画面が表示されます。

2

  • icn_button_mail(メニュー)
  • モードを選択
  • icn_button_center

撮影モードが切り替わります。

+撮影モード切替時の操作

連続撮影をする

  • 撮影画面でicn_button_mail(メニュー)
  • モード(連写)
  • シーンを選択
  • icn_button_center
  • icn_button_centerを押すと、20枚の連続撮影を行います。
  • 連続撮影中にicn_button_clearを押すと、撮影を中断します。
 

シーンを選択して撮影する

  • 撮影画面でicn_button_mail(メニュー)
  • モード(シーン)
  • シーンを選択
  • icn_button_center
 

エフェクトを選択して撮影する

  • 撮影画面でicn_button_mail(メニュー)
  • モード(エフェクト)
  • エフェクトを選択
  • icn_button_center
 

タイムラプスを設定する

  • 撮影画面でicn_button_mail(メニュー)
  • モード(タイムラプス)
  • 倍速を選択
  • icn_button_center

カメラ(フォト/ムービー)の設定を変更する

設定できる項目は次のとおりです。

項目 内容
撮影サイズ フォトの撮影サイズを切り替えます。
録画サイズ ムービーの撮影サイズを切り替えます。
フォトライト/ムービーライト 撮影時に撮影ライトを点灯するかどうかを設定します。
セルフタイマー フォト撮影時のセルフタイマーを設定します。
HDR1 フォト撮影時に逆光などコントラストが強いシーンで、白とびを軽減して撮影するかどうかを設定します。
手振れ補正1 手振れ補正を有効にするかどうかを設定します。
スマイルシャッター撮影 フォト撮影時、笑顔を検出したときに撮影するかどうかを設定します。
1 撮影モードが「モード(通常)」のときに設定できます。

1

  • icn_button_camera

撮影画面が表示されます。

2

  • icn_button_mail(メニュー)
  • 設定(フォト)設定(ムービー)

カメラ(フォト/ムービー)設定画面が表示されます。

3

  • 各項目を設定

設定が完了します。

+カメラ(フォト/ムービー)設定時の操作

フォトの撮影サイズを変更する

  • カメラ(フォト)設定画面で撮影サイズ
  • 撮影サイズを選択
  • icn_button_center
  • 撮影画面でicn_button_1を押しても設定できます。
 

ムービーの録画サイズを変更する

  • カメラ(ムービー)設定画面で録画サイズ
  • 録画サイズを選択
  • icn_button_center
  • 撮影画面でicn_button_3を押しても設定できます。
 

撮影時に撮影ライトを点灯するかどうかを設定する

  • カメラ(フォト/ムービー)設定画面でフォトライトムービーライト
  • オートONOFF
  • オートに設定したときは撮影環境の明るさに応じてON/OFFが切り替わります。
  • 撮影画面でicn_button_sextileicn_button_sharpを押しても設定できます。
 

タイマーをセットし自動で撮影するかどうかを設定する

  • カメラ(フォト)設定画面でセルフタイマー
  • 秒数を選択
  • icn_button_center
  • 撮影画面でicn_button_8を押しても設定できます。
  • OFFを選択すると、セルフタイマーは設定されません。
 

HDR撮影を有効にするかどうかを設定する

  • カメラ(フォト)設定画面でHDR
  • HDR→icn_button_centerを押すたびに、選択(digno-keitai_053)/解除(digno-keitai_054)が切り替わります。
  • 撮影画面でicn_button_4を押しても設定できます。
 

手振れを軽減するかどうかを設定する

  • カメラ(フォト/ムービー)設定画面で手振れ補正
  • 手振れ補正→icn_button_centerを押すたびに、選択(digno-keitai_053)/解除(digno-keitai_054)が切り替わります。
  • 撮影画面でicn_button_7icn_button_9を押しても設定できます。
 

被写体が笑ったときに自動で撮影するかどうかを設定する

  • カメラ(フォト)設定画面でスマイルシャッター撮影
  • スマイルシャッター撮影→icn_button_centerを押すたびに、選択(digno-keitai_053)/解除(digno-keitai_054)が切り替わります。

カメラの設定を変更する

撮影環境や被写体に合わせて設定を変更することができます。設定できる項目は次のとおりです。

項目 説明
EV補正 被写体に合わせてEV値を補正できます。
ホワイトバランス 撮影場所の光源に合わせた色調補正を設定できます。
フォーカス フォーカス方式を設定できます。
測光 測光方式を設定できます。
位置情報付加 撮影した画像に位置情報を付加するかどうかを設定できます。
撮影補助ライン 撮影補助ラインを利用するかどうかを設定できます。
保存先 フォト/ムービー撮影のデータの保存先を設定できます。
初期設定に戻す フォト/ムービー/全般のすべての設定メニューを初期値に戻します。

1

  • icn_button_camera

撮影画面が表示されます。

2

  • icn_button_mail(メニュー)
  • 設定(全般)

カメラ設定画面が表示されます。

3

  • 各項目を設定

設定が完了します。

+カメラ設定時の操作

被写体に合わせてEV値を補正する

  • カメラ設定画面でEV補正
  • icn_button_left-rightでEV値を調整
 

撮影場所の光源に合わせた色調補正を設定する

  • カメラ設定画面でホワイトバランス
  • オート太陽光蛍光灯(昼光色)蛍光灯(昼白色)白熱灯
 

被写体にあわせてフォーカスの種類を設定する

  • カメラ設定画面でフォーカス
  • 顔優先センター
 

測光方式を設定する

  • カメラ設定画面で測光
  • 全画面平均中央重点
 

位置情報を撮影したフォト/ムービーに自動的に付加するかどうかを設定する

  • カメラ設定画面で位置情報付加
  • 位置情報付加→icn_button_centerを押すたびに、選択(digno-keitai_053)/解除(digno-keitai_054)が切り替わります。
  • 確認画面が表示されたときは、画面に従って操作してください。
 

撮影補助ラインを利用するかどうかを設定する

  • カメラ設定画面で撮影補助ライン
  • 撮影補助ライン→icn_button_centerを押すたびに、選択(digno-keitai_053)/解除(digno-keitai_054)が切り替わります。
 

フォト/ムービーの保存先を設定する

  • カメラ設定画面で保存先
  • 本体ストレージSDカード
  • SDカードを取り付けているときに設定できます。
 

フォト/ムービー/全般のすべての設定メニューを初期値に戻す

  • カメラ設定画面で初期設定に戻す
  • はい

!カメラ設定時のご注意

設定できる項目は、ご利用になる機能や条件によって、異なる場合があります。