1. 取扱説明書
  2. かんたん携帯10
  3. 基本操作
  4. マナーモードを利用する

マナーモードを利用する

周囲に迷惑がかからないよう、着信音や操作音などが鳴らないように設定できます。

マナーモードの種類について

設定できるマナーモードの種類は次のとおりです。

種類 説明
通常マナー 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータが動作します。ただし、音楽や動画の再生音は鳴ります。簡易留守録設定マナーモード連動のときは、簡易留守録が有効になります。
ドライブマナー 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータも動作しません。簡易留守録が有効になり、応答メッセージ設定ドライブで動作します。
サイレントマナー 着信音や操作音は鳴らず、着信時などはバイブレータも動作しません。簡易留守録設定マナーモード連動のときは、簡易留守録が有効になります。

!マナーモード設定中の注意

マナーモード設定中の鳴動については次のとおりです。

  • マナーモードを設定していても、カメラ撮影時のシャッター音、動画撮影時の撮影開始/終了音などは鳴ります。
  • アラーム音については、アラームの設定から音が鳴らないように設定をすることができます。詳しくは、「目覚まし時計の詳細な設定を行う」を参照してください。
  • マナーモード設定中は、イヤホンからも着信音は鳴りません。

マナーモードを設定する

1

  • icn_button_manner(長押し)

マナーモードが設定されます。

  • クローズポジション時はicn_button_side(サイドボタン)を長押しで設定できます。
  • お買い上げ時は通常マナーが設定されます。

+マナーモード設定時の操作

マナーモードの種類を変更する

  • icn_button_center
  • 設定
  • マナーモード
  • 通常マナードライブマナーサイレントマナー
  • OFFと操作すると、マナーモードが解除されます。
 

マナーモードを解除する

  • マナーモード設定中にicn_button_manner(長押し)
  • クローズポジション時はicn_button_side(サイドボタン)を長押しで解除できます。